ビジネス

「出戻り社員」の採用 企業文化を変える大きなインパクトに

 しかしながら、比率は低いものの「自分が復帰する立場でも、復帰を受け入れる立場でも反対」と回答した人が7.4%いる点は無視できない。働く主婦層以外の属性では、もっと比率が高い可能性もある。フリーコメントに寄せられたのは、以下のような声だ。

「一度、辞める気持ちを持った職場は、また何かあると辞めたくなると思う」
「嫌で辞めている会社には戻らない。復帰も興味なし」
「一度辞めたと言う事はどのような理由にせよ、そこに居られなかった何かがあるのであろう」
「退職の仕方にもよると思う。自分の意思で退職して復帰となるなら反対」

 その他、一言、「あり得ない」というコメントもあった。

 これまでの日本の企業文化は、新卒で採用された会社で定年まで勤め上げることを基本とする雇用慣行によって培われてきた面がある。その価値観に照らし合わせれば、退職を重くとらえ、自発的な退職は会社への“裏切り行為”と捉える人もいるかもしれない。

 また「退職の仕方にもよる」という声もあったように、退職時に一悶着あった人が復帰するような際には、周囲からの反対が大きい場合もある。出戻り採用を推進する際には、自社の企業文化や退職背景などと照らし合わせながら、個々のケースで適切に判断する必要がある。

 では、出戻り採用“される”側は、元の会社への復帰が決まった際、どんな心境になるのだろうか。調査では、以下の結果となった。

【表3】しゅふJOB総研アンケート(有効回答数=744)

【表3】しゅふJOB総研アンケート(有効回答数=744)

「その時になってみないとわからない」の次に多かったのが、「退職後に成長した姿を見せたい」「今度は辞めないように頑張ろう」というポジティブな心境だ。「一度辞めたのに申し訳ない」「また辞めることにならないか不安」「一度辞めた手前、格好わるい」など、ネガティブな心境よりも上位にきている。

 復帰時に生じているポジティブな心境を上手く活かしてもらえれば、出戻り社員を採用するメリットはさらに高まるはずだ。

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン