• TOP
  • ライフ
  • 看護師が同意、清潔よりもヨレた白衣の医師の方が信頼できる説

ライフ

2019.09.18 16:00  週刊ポスト

看護師が同意、清潔よりもヨレた白衣の医師の方が信頼できる説

C:決めつけはいけないけれど、地方のあまり有名じゃない国立大医学部出身者は、努力家が多い気がします。都会の私大の医学部に行けるほど裕福じゃない、だけど医者になりたいから、頑張って国立に入ったっていう。そういうドクターは、看護師や患者に対しても、上から目線でモノを言わないし熱心です。

D:学歴や学閥で他の医者と戦えない分、技術で勝つしかないっていうことを分かってるんですよね。

B:逆に、技術がないのになんでもやりたがる先生は本当に危険。手術して取り返しがつかないことになったらどうするのって思う。

A:自分ができないことは「できない」と患者にちゃんと伝える医者は、信用できると思います。うちの病院で、ベテラン医師が「僕は股関節の手術はあまり得意じゃないから、専門のいい先生を紹介します」と言うのを聞いた時は、すごく感動しました。

C:手術室は医療ミスに近いトラブルなんて日常茶飯事ですよ。この間もウチの病院で、肺の手術中に動脈を傷つけて、あっという間に大出血。手術室が騒然としたそうです。ガーゼとかで止血しているうちに一瞬だけ容態が落ちついたので、「今、少し落ちついたから、上に上げちゃおう」って、病棟にむりやり戻してしまったとか。手術室で亡くなると事故扱いになり、警察署に書類を提出したりしなければいけないから面倒らしいの。

A:状態が一時回復した段階で病棟に上げてしまうケース、よく聞きますよね。

D:健診センターだと、検体の採取ミスとか、採取に係わるミスはかなり多いです。ついこの間も、子宮頸がんの検査で細胞を入れたガラス器具を割ってしまい、「もう一度採取させていただけませんか」ってお願いしてる医者がいたっけ。採血する時に神経を傷つけちゃって、痺れを訴えてきた患者さんもいました。

B:そういうミスした時の対応で病院の体質がわかりますよね。病院経営のために保険の点数稼ぎの治療ばかりしている病院も多いし。看護師から見ると「この検査、本当に必要?」って思うこともしょっちゅう。

●司会・構成/大屋敷未世子(ジャーナリスト) 河合桃子(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

関連記事

トピックス