ライフ

「最強食品ランキング」から読み解く「食べ方」と「見分け方」

キャベツは「胃腸力を上げる」1位に

 注目の研究レポートがアメリカの消費者情報誌『コンシューマー・リポート』に掲載された。そこには、「健康的な食事内容が人を幸せにする」と書かれていた。

 同報告書をひもとくと、うつ状態の人は腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスが悪いことや、食物繊維の豊富な野菜を摂っている成人はうつ症状を起こしにくいこと、反対にソフトドリンクやインスタント食品など「超加工食品」を頻繁に摂っている人はそうでない人に比べ、33%うつ病リスクが高まることなど最新研究がデータとともに掲載されている。

 つまり、食生活は体の健康だけでなく、心の状態にも影響を及ぼすということだ。本誌・女性セブンでは、これまで8回にわたってテーマ別に専門家に取材し、作成してきた「最強食品ランキング」のポイントを再集計した。

そして、「自然治癒力」「血管力」「胃腸力」「疲労回復力」「肌力」「更年期障害」「内臓脂肪」「アンチエイジング」…これらすべてを体現する「最強食品“最強”ランキング」を作成した。

【食べるべき最強食品ランキング】
1位:納豆
2位:ヨーグルト
3位:いわし
4位:豚肉
5位:にんにく
6位:キャベツ
7位:トマト
8位:さば
9位:卵
9位:鶏肉

◆野菜は小ぶりの方がいい

「最強食品」がどんなラインアップかわかったところで知りたいのは、これらをどんなバランスで食べるべきなのかだ。秋葉原駅クリニック医師の佐々木欧さんは効果的な食べ方についてこんなアドバイスをする。

「食材には一長一短があるため、極端な偏りは避けましょう。肉は栄養価が高い半面、脂質の点では不利であり、摂りすぎると心筋梗塞や脳梗塞など血管系の病気になるリスクが高まる可能性があります。

 魚にはEPAやDHAなどの良質な脂質が含まれますので、たんぱく源としては、肉よりも魚を多めに摂ることをおすすめします。また、肉を食べる時は特に、野菜と一緒に摂るように意識してください。その際、野菜を先に食べる“ベジファースト”を心がけるとさらにいいです。野菜を先に食べると糖質の吸収が抑えられ、血糖値の急激な上昇を防ぐことができるからです」

 血糖値の急激な上昇を抑えることは、糖尿病予防だけでなく、血管へのダメージを軽減して脳梗塞や心筋梗塞などの予防にも役立つといわれている。また、肥満リスクを抑えるうえでも効果的だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

離婚していることがわかった中野英雄(時事通信フォト)
《俳優・中野英雄が明かした極秘離婚》「息子・太賀が高校生の頃、家族に迷惑をかけるんだったら別れようと…」それでも一緒に住む“新しい家族の形”
NEWSポストセブン
愛子さまと雅子さま
【那須ご静養での苦悩】愛子さま、帰京のタイミングで苦渋のご決断「雅子さまを放置して単身で帰京されるとは考えづらい」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
トランプ氏とメラニア夫人との関係は
トランプ氏の妻・メラニア夫人“大統領再選後に離婚”も? 夫の不倫ですでに家庭内別居状態 “婚前契約”見直しで慰謝料100億円超の可能性
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
吉川赳議員(時事通信フォト)
吉川赳・衆議院議員(42)、「18歳女子大生と4万円でパパ活飲酒」記事裁判で敗訴判決 請求はいずれも棄却
NEWSポストセブン
初期にはニール・セダカやポール・アンカ、エルビス・プレスリーなどの曲をカバーしていたが、「志村の加入後は、彼がソウル好きだったので影響を受けました。最後にみんなで練習したのはアース・ウィンド&ファイアーの『宇宙のファンタジー』だったかな」(高木さん)
【結成60周年】高木ブーが振り返る「ザ・ドリフターズ」の時代 「加トちゃんと2人になったけど忘れないでほしい」
週刊ポスト
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
元NHKアナウンサーの長谷川朋加アナ(インスタグラムより)
【スイカップ以来の衝撃】元NHKアナウンサー(33)「初ビキニ姿披露」で隠れ美スタイルが話題「かつて山形放送局で勤務」
NEWSポストセブン
亡くなった三浦春馬さんと「みたままつり」の提灯
【三浦春馬さんの名を靖国に】提灯2万円に値上がりなのに100個も集まった「ファンの熱い思い」 『みたままつり』に献灯ズラリ
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン