芸能

演歌界のプリンス中澤卓也、レーサーになる夢挫折の過去

こぼれる笑顔の「演歌界のプリンス」

 気軽に会いに行ける場で活躍する“会いに行けるスター”が多くの人々を魅了している。演歌歌手の中澤卓也(24才)もそんなスターの1人といえるだろう。

◆演歌にこだわらないジャンルレスな歌手に!

 演歌歌手・中澤卓也といえば、178cmの長身と甘いマスクで、20~80代の幅広い世代から人気を集める演歌界のホープだ。明るい笑顔も魅力的だが、時折見せる憂いのある表情にキュンとするマダムも多い。その表情の背景には大きな挫折があったという。

「歌手になる前はレーサーを目指していました。9才から6年間、本気で取り組んでいましたが、プロへの壁は厚かった…。心に穴が空いていたぼくに、祖母が『NHKのど自慢』への出場をすすめてくれました。これが大きな転機となったんです」(中澤卓也・以下同)

 のど自慢では森山直太朗の『さくら(独唱)』を披露し、その週のチャンピオンとなる。この放送を見ていたレコード会社からすぐにスカウトされ、瞬く間にデビューを果たした。

「過酷なレーサーとしての経験があったからこそ、“ここぞ”という時に心を落ち着かせられ、実力を発揮できたのだと思います。挫折はつらかったですが、だからこそ歌とファンの皆さんに出会えた。ハンドルをマイクに持ち替えた今は、皆さんと一緒に、トップを目指して走り抜きたいと思っています」

 のど自慢ではポピュラーミュージックを歌ったのに、演歌の道を選んだ理由についてもうかがった。

「作曲家・田尾将実先生に弟子入りして、演歌の世界を知りました。曲の一つひとつに物語があることが衝撃的で、すっかりその世界に魅せられました」

 演歌をイチから学んだが、ジャンルレスな歌手になりたいと、ギターやポピュラーミュージックの練習も欠かさずにいるという。

 見た目は草食系だが、歌の道には肉食系の演歌のプリンス。レースの世界で育まれたワイルドさが漂っていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン