国内

暴力団の新たなシノギ バターたっぷり食パンや高級チョコも

長年、ヤクザを取材している溝口敦氏

 アワビやウナギなど、高級海産物の密漁に暴力団が関与していることが問題となっている。長年、暴力団による食品業界への関与を取材し、新著『教養としてのヤクザ』を上梓したジャーナリストの溝口敦氏と鈴木智彦氏の2人が、「暴力団は他の食品業界にも食い込んでいる」と明らかにする。

鈴木:サカナ以外にヤクザが絡んでいる食品って、何かありますかね?

溝口:米はどうか。ありえないか。

鈴木:実家が農家というヤクザはたくさんいますけどね。実家がブドウやナシを作っているとか。

溝口:だけど、ヤクザとして農業には食い込んでいない。

鈴木:法律で「有機野菜を作るのが禁止」となったらヤクザは有機野菜を作るでしょうね。ありえないけど。

溝口:彼らが栽培するのは大麻ぐらい。

鈴木:私が取材したなかでは、首都圏でそこそこ知られた喫茶店チェーンを暴力団組員が経営していたという例がありましたし、有名なおにぎり店が山口組傘下系列のフロント企業だったこともありますね。

 一昔前の話ですが、バターをたっぷり使った食パンがブームになったとき、関西の有名店を経営していたのが、実は九州の指定暴力団だったということがありました。当時、私がいたヤクザ専門誌にその団体の幹部が連載をしていたので、編集部にはいつもそのパンが差し入れされていました。けっこう旨かったです。今、高級食パンブームが起きているから、またやっているかもしれません。

 それと、これは数年前の話ですが、バレンタインデーのチョコレートが高級化・ブランド化して、カカオの価格が上がったんですね。それに目を付けた知り合いの暴力団幹部は、カカオ豆の買い占めに乗り出した。付け焼き刃の知識で参入したところで失敗するだろうと思っていたんですが、そこはやっぱりヤクザで、海外から仕入れた賞味期限切れカカオやチョコレートを混ぜて問屋に販売して、莫大な利益を上げたんですよ。

溝口:ひどい話だ。

※溝口敦/鈴木智彦・著『教養としてのヤクザ』(小学館)より一部抜粋

鈴木智彦氏は、暴力団がタピオカドリンク店の経営にも関与していた実態を明らかにした

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン