国内

暴力団の新たなシノギ バターたっぷり食パンや高級チョコも

長年、ヤクザを取材している溝口敦氏

 アワビやウナギなど、高級海産物の密漁に暴力団が関与していることが問題となっている。長年、暴力団による食品業界への関与を取材し、新著『教養としてのヤクザ』を上梓したジャーナリストの溝口敦氏と鈴木智彦氏の2人が、「暴力団は他の食品業界にも食い込んでいる」と明らかにする。

鈴木:サカナ以外にヤクザが絡んでいる食品って、何かありますかね?

溝口:米はどうか。ありえないか。

鈴木:実家が農家というヤクザはたくさんいますけどね。実家がブドウやナシを作っているとか。

溝口:だけど、ヤクザとして農業には食い込んでいない。

鈴木:法律で「有機野菜を作るのが禁止」となったらヤクザは有機野菜を作るでしょうね。ありえないけど。

溝口:彼らが栽培するのは大麻ぐらい。

鈴木:私が取材したなかでは、首都圏でそこそこ知られた喫茶店チェーンを暴力団組員が経営していたという例がありましたし、有名なおにぎり店が山口組傘下系列のフロント企業だったこともありますね。

 一昔前の話ですが、バターをたっぷり使った食パンがブームになったとき、関西の有名店を経営していたのが、実は九州の指定暴力団だったということがありました。当時、私がいたヤクザ専門誌にその団体の幹部が連載をしていたので、編集部にはいつもそのパンが差し入れされていました。けっこう旨かったです。今、高級食パンブームが起きているから、またやっているかもしれません。

 それと、これは数年前の話ですが、バレンタインデーのチョコレートが高級化・ブランド化して、カカオの価格が上がったんですね。それに目を付けた知り合いの暴力団幹部は、カカオ豆の買い占めに乗り出した。付け焼き刃の知識で参入したところで失敗するだろうと思っていたんですが、そこはやっぱりヤクザで、海外から仕入れた賞味期限切れカカオやチョコレートを混ぜて問屋に販売して、莫大な利益を上げたんですよ。

溝口:ひどい話だ。

※溝口敦/鈴木智彦・著『教養としてのヤクザ』(小学館)より一部抜粋

鈴木智彦氏は、暴力団がタピオカドリンク店の経営にも関与していた実態を明らかにした

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン