• TOP
  • ビジネス
  • 一線を退いた一流創業者らがその後の人生の挑戦に見出す価値

ビジネス

2019.10.20 07:00  週刊ポスト

一線を退いた一流創業者らがその後の人生の挑戦に見出す価値

社長を離れた今は?

『週刊ポスト』のグラビア連載「寿影」は2018年2月から50回にわたって続いた。「寿影」とは、写真家・渡辺達生氏が、出演をしてくれた被写体の人々が晩年にこれまでの人生を祝う意味を込め、葬儀で使用する「遺影」を「寿影」と置き換えて始まったプロジェクト。

 連載に登場した有名人のなかでも、一代で大きな成功をおさめて、周囲が驚くほどの潔さで後進に後を譲り引退した経営者のふたりは、隠居という言葉からはほど遠い老後の計画をカメラの前で語った。

『ジャパネットたかた』創業者の高田明氏(70)は、4年前に長男に会社をあっさり譲り渡し、新たな人生を歩み始めた。社長職を離れてからは、「生き生きした世の中を作りたいとの願いと、辞めても明は生きているぞ」の意味を込めて、『A and Live』という会社を設立。また、2年前には倒産寸前だったプロサッカーチーム『V・ファーレン長崎』の社長に就任、地元長崎を盛り上げる。

「私にとって人のために役立つことが究極の喜び。それをミッションにして、残された人生を社会貢献に費やしたい」と語る高田氏は、4年ほど前にあと50年(117歳まで)生きると公言した。

「そう考えたら、今からやりたいことがたくさん出てくる。実際にはそこまで長生きしなくても、そう信じて生きることに価値を感じます」

関連記事

トピックス