国内

ノーベル賞の授賞者多い京大 首都圏からの合格者倍増の理由

京都大学正門(時事通信フォト)

京都大学正門(時事通信フォト)

 リチウムイオン電池を開発してノーベル化学賞に輝いた吉野彰氏(旭化成名誉フェロー)。同氏の出身大学は「自由な学風」として知られ、異才も多い京都大学。昨年の本庶佑氏に続き、2年連続で京大OBのノーベル賞受賞は快挙といえる。そんな京大は受験人気もぐんぐん高まっている。大学通信・常務取締役の安田賢治氏がレポートする。

 * * *
“研究の京大”の面目躍如だろう。昨年に続き、今年も京大(工学部石油化学科)出身の吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞した。昨年の医学部出身で生理学・医学賞を受賞した本庶佑氏に続き2年連続で京大出身者の受賞となった。

 これで京大出身者のノーベル賞受賞者は8人になり、東京大学と同じになった。ただ、東大には文学賞2人(川端康成氏、大江健三郎氏)、平和賞1人(佐藤栄作氏)が含まれ、研究業績での受賞ということになると京大がトップだ。ちなみに、私立大出身者はいまだノーベル賞を受賞していない。

 その京大だが、最近、受験人気が上がってきている。大学通信の調べによると、10年前と比べて、京大は地元の2府4県(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)からの合格者の割合は55.3%から47.6%に下がっている。いずれの大手大学でも地元志向が高まる傾向にあるが、京大だけは明らかに全国化が進んでいる。

 一方、東大の首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)からの合格者の割合は、10年前の43.3%から55.8%に増え、関東ローカル化が進んでいる。地元からの合格者の割合が、10年前と比べて京大と東大で逆転してしまったのである。

 人気アップの京大だが、なかでも首都圏からの合格者が増えている。10年前の首都圏からの合格者の割合は全体の6.6%だったが、今年は13.4%に倍増している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン