そのためには、作品を理解して計算する力が求められる。一見すると感覚で芝居しているように見える役者も、裏には細かい計算が働いている。火野正平がまさにそうだった。

 テレビの連続ドラマでレギュラーの脇役を演じる際の心構えを火野は次のように語る。

「十一本のシリーズだったら一本目と六本目では演じ方は違うんだ。一話目は顔見世だから、お客さんの興味を引くためにはあまり出しゃばっちゃいけない。でも六話目になると『お客さんも飽きているだろうから、じゃあ、こうしよう』とか。トータルで考えて一つの作品だと思っているから」

 こうした脇役としての矜持を全うするため、彼らは日常からさまざまに心がけている。前田吟も、そんな一人だった。

「映画は主役のものなんだから。脇役は添える係。人間として上手く消えてないといけない。今でも、家で自分で化粧して頭も染めてから電車に乗ります。それで『変なオジサンがいる』と思われたら、実際の画面でも溶け込んでないということ」

 これからも素敵な矜持と出会い、そしてご紹介していきたい。

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン