• TOP
  • ライフ
  • 世界初の認知症治療薬になるか 「アデュカヌマブ」の可能性

ライフ

2019.11.15 07:00  週刊ポスト

世界初の認知症治療薬になるか 「アデュカヌマブ」の可能性

エーザイの内藤晴夫CEO(時事通信フォト)

 世界初の認知症治療薬の誕生となるかが注目を集めている。来年初めにも、新薬「アデュカヌマブ」が米食品医薬品局(FDA)に承認を申請する方針だと発表された。

 10月30日、新薬を米国の製薬大手・バイオジェンと共同開発しているエーザイの内藤晴夫CEOは決算会見で、「承認にこぎ着け、患者の思いに応えたい」と語り、承認取得は難しいという見方に対しても「不確定なところはない」と強調した。

 この新薬は今年3月、有効性が確認できないとして、両社が治験中止を発表していた。それが一転、申請への運びとなったのだ。その理由をバイオジェン・ジャパン広報部はこう説明する。

「試験データを再解析したところ、投与量が多い“高用量群”において認知機能を測定する指標で改善傾向が見られました。申請可能かどうか、FDAとこれから協議を進めていく段階です」

 これまでの認知症薬とはメカニズムが違っている。東京大学医薬政策学客員准教授の五十嵐中(あたる)氏が解説する。

「アリセプトなどの既存薬は、神経伝達の強化を通して症状を一時的に改善するもので、その期間は長くても18か月程度です。今回のアデュカヌマブは認知症の原因物質とされるアミロイドベータを溜まりにくくすることで、症状の悪化をより長期に抑制できる可能性があります」

関連記事

トピックス