• TOP
  • 芸能
  • 『おっさんずラブ』続編 千葉雄大の存在感に度肝を抜かれた

芸能

2019.11.16 16:00  NEWSポストセブン

『おっさんずラブ』続編 千葉雄大の存在感に度肝を抜かれた

番組公式サイトより

 さて、注目の作品の「設定変更」をどう捉えるべきか。ドラマウォッチの作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 たとえ人気作品ではあっても、「続編に向いているかどうか」と問われるとちょっと疑問符が──2018年に話題を振りまいたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)が終わった段階で、私はコラムにそう書きました。あの時のブレイクぶりは凄まじかった。ツイッターで世界トレンド1位となりDVDや関連グッズが飛ぶように売れ、主演・田中圭の写真集や公式本も続々重版。社会現象を巻き起こしました。ですから、放送局が続編を考えるのは、いわば当然のこと。

 しかし。ドラマの構造の方は、ピュアで繊細な人間関係に支えられたおっさんの純愛物語。だから主人公の“はるたん”こと春田創一(田中圭)や黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の恋が次から次へと続くのも無理がありそう。

 その後、2019年夏に公開された映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』では、黒澤が記憶を失う設定にしたり、天空不動産に新メンバーが絡んだりして展開させたもよう。

 そしていよいよ今期、続編がドラマとしてスタート。いったいどんな新機軸を見せるのか。続編に無理はないのか。焼き直しの退屈なドラマなら見たくない。春たんの相手役・牧(林遣都)という重要なキャストが変わる、という情報もあって続編に賛否両論が巻き起こりました。

 11月2日、続編『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系 土曜夜11時15分)が始まり、さあ蓋を開けてみると……何とも大胆に物語の舞台を転換している。それまでの天空不動産という「地上」が舞台ではなく、天空という名そのもの、空に飛んだ。

 舞台は天空ピーチエアラインという航空会社。吉田鋼太郎演じる“ヒロイン”黒澤武蔵は、機長として登場。一方の春田は、客室乗務員として天空ピーチエアラインに転職してきた。なるほど。黒澤とはるたんの二本柱の構造だけを残し、他は鮮やかに変化させて先輩CAにMEGUMI、若手CAに木崎ゆりあ、チーフパーサーに片岡京子。

 そして、春田とカップルになった牧の代わりに、新たに登場してきたのが千葉雄大と戸次重幸。という刷新されたメンバーでの新しい船出なのに、まったく違和感がないのです。自然に物語に入っていける。これは凄いことです。

関連記事

トピックス