国内

実名で「拡散希望」したらデマだった… 余計な義憤を抱く愚

記者会見する元愛知県豊田市議の原田隆司氏(時事通信フォト)

 何か事件が起きると、それに関連した真実なのかどうかよく分からない情報がSNSをかけめぐる。デマであることも多いが、情報を拡散する人たちは、実はいろいろとピントがずれている。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、余計な義憤を持ってしまう実名のSNSユーザーの行為がいかにバカバカしいかについて考えた。

 * * *
 8月に茨城県の常磐自動車道で発生した「あおり運転殴打事件」に関連し、無関係な女性のことを宮崎文夫容疑者と一緒にいた「ガラケー女」だというデマを拡散した愛知県豊田市の市議・原田隆司氏が辞職した。原田氏は心からの謝罪を述べているが、実に迂闊なお人だ。

 今回女性がガラケー女とされた理由は、宮崎容疑者が彼女のインスタグラムをフォローしていたことと、「ガラケー女」同様帽子とサングラス姿の写真を投稿していたことだけである。「だけ」なのだ。これだけで多くの人が「こいつがガラケー女だ! けしからん!」とばかりに拡散。原田氏も「早く逮捕されるよう拡散お願いします」とまで書いた。

 女性は原田氏に100万円の損害賠償を求める通知書を送ったが、その後同氏から届いた手紙には謝罪はあったものの、賠償金への言及はなかった。督促にも応じず、原田氏が「なんで自分だけ」と話しているのを知り、提訴に至ったという。

 この「なんで自分だけ」という発言だが、「そりゃそうだろうよ」というのが率直な感想だ。だってあなた身元が割れていて、しかもしっかりとした立場の方でしょ?

 ネットの誹謗中傷やデマ拡散が厄介なのは、書き込み者の特定がしづらい点にある。以前、横浜DeNAの井納翔一投手が「嫁がブス」と匿名掲示板に書かれ、書き込んだ女性を特定し、約200万円の慰謝料と訴訟費用の負担を求めた。この時の訴訟費用は77万円だったが、これには弁護士による掲示板運営者への開示請求等の費用も含まれている。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン