国内

はんこ大臣ほか、官僚からの評価が低い現役大臣たちの実名

橋本聖子・五輪相(時事通信フォト)

「稀に見る“反東大”内閣」ともいわれる安倍政権のお歴々に“敵視”されている高学歴のエリート官僚たちは、実績も能力も足りないのに入閣した大臣たちをひそかに採点し、見下しているという。元経産官僚の古賀茂明氏が語る。

「大臣の人選は当選回数が一つの目安になるから、官僚は入閣適齢期の大臣候補について日頃の付き合いや他省庁の評判を聞いて、大体把握している。閣僚名簿が発表されたときには“うちの新任の大臣の力量はこんなもの”とわかっている」

 就任2か月足らずで辞任した菅原一秀・前経産相と河井克行・前法相は、就任直後から省内で「秘書へのパワハラは有名。内部告発で任期を全うできないのでは」と不安視されていたが、“予言”通りになった。

 逆に、役所から歓迎されながら期待外れだったのが小泉進次郎・環境相だ。地球温暖化対策の「炭素税」導入をめざす環境省は当初、「発信力がある大臣が来た」と喜んで進次郎氏をいきなり国連演説に立たせた。ところが、原稿になかった「セクシー発言」が炎上し、歓迎ムードは急速にしぼんだ。いずれも大臣ポストが“身の丈”に合わなかった。

 これで出尽くしではない。官僚たちの“採点簿”にはまだ不合格の大臣がいる。

◆マラソン札幌開催で「保身」に走った橋本五輪相

「いくら小池(百合子・東京都知事)の怒りが恐くても、あんな見え透いたウソをつかなくてもいいのに」

 役人にそう笑われているのは橋本聖子・五輪担当相だ。東京五輪のマラソン・競歩の札幌開催問題で、橋本氏は「初めて聞いたのは10月15日」と、最後に知らされた小池都知事と同じ日だったと説明した。

 しかし、橋本氏はその5日前、森喜朗・東京五輪組織委員会会長とともに札幌市長と会談している。

「何も知らず3人で会ったというのはさすがに苦しい。五輪担当相は組織委員会や東京都との調整役にならなければならないのに、“聞いてなかった”と保身に走った」(組織委員会関係者)

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン