国内

自民党支える国政協幹部が「桜を見る会」芸能人脈の要に

首相を支える部隊の素性は?(写真/EPA=時事)

 総理主催の「桜を見る会」は、社会に功績のあった人を首相がねぎらうために開催される。そうであれば、安倍晋三首相の後援会や支持者が大量に招待されたことは何ら不思議なことではないのかもしれない。

「皆さんと共に政権を奪還して、7回目の『桜を見る会』であります」

 安倍氏は今年4月の同会でそう挨拶し、昭恵夫人も、「これからも主人を応援していただくようお願いします」と招待者に頭を下げた。

 安倍夫妻にとっては安倍政権を支持し、選挙で応援してくれた支持者こそが、「社会に功績のあった人々」なのだ。その結果、いまや桜を見る会は、一般人から芸能・スポーツ界、反社会的勢力まで参加する異様な安倍応援団への“大感謝祭”へと変貌した。

 その舞台裏と人脈を追うと、安倍首相が憲政史上最長の政権となった陰に、首相直属の “宣伝工作部隊”があることが浮かんできた。

 一つは人脈だ。本誌・週刊ポスト前号では、首相官邸と芸能界をつなぐ窓口とされるI氏の存在を報じた。本人のフェイスブックには、ダンディな中折れ帽をかぶったI氏が桜を見る会で芸能人と一緒に写った数多くの写真がアップされていた(現在は削除)。芸能プロダクション経営者はこう語った。

「Iさんが芸能関係の招待者リストを取りまとめて内閣府にお願いし、招待状が送られるという流れ。芸能界から五輪のメダリストまで広い人脈を持つ人物です」

 I氏のフェイスブックにはつい最近まで「国民政治協会組織部部長代理」の肩書きが掲載されていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
退所を発表した松本潤
【松本潤が独立】7月から野田秀樹氏が手がける舞台に出演、ロンドンでも上演 舞台初共演の長澤まさみの“凄み”に刺激を受ける
女性セブン
2018年8月に本誌の取材を受けた際も“ねじねじ”だった(撮影/小暮誠)
急逝・中尾彬さん 萬田久子、名取裕子、由美かおる、安達祐実らとの「美女対談」で際立っていた博覧強記
週刊ポスト
7月のイベントでファンの前に姿を見せる中森明菜(YouTubeより)
《7月のイベントで完全復帰へ》中森明菜、SNS時代にささやかれる不安要素 「陽」の聖子と比較して「陰」と評された歌姫は再びかがやくことができるのか
NEWSポストセブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン