ライフ

猫の外耳炎、においや色でチェック 耳掃除のやりすぎは注意

猫の耳の異常はどうやって気づけばいい?

 猫の病気として多いのが外耳炎。耳の周辺を気にしたり、かく仕草をしている愛猫を目にしたことはありませんか? 実はこれを放っておくと大変なことになる可能性が! 今回は、猫の耳に関するトラブルの予防法を紹介します。

 * * *
「猫がしきりに耳を気にしてかゆがっていたり、耳を壁や床にこすりつけている場合は、外耳炎を起こしているかもしれません」

 と、JVCC二次動物医療センター目黒病院センター長の佐藤貴紀さんは言う。

 外耳炎とは、耳の穴(耳介)から鼓膜までの“外耳”と呼ばれる部分が炎症する病気のこと。外耳炎が重症化すると、鼓膜より奥の部分にも炎症が広がり、中耳炎や内耳炎を引き起こすことがある。

「外耳炎の原因として特に多いのが、マラセチアという常在菌が大量に繁殖してしまうケース。アレルギー体質で皮膚のバリア機能が弱くなっていたり、生まれつき、通気性の悪い耳の形をしていると、菌は発生しやすくなります」(佐藤さん・以下同) 

 外耳炎の原因としてはそのほかにも、細菌感染によるものや、耳ダニなどの寄生虫が寄生することで起こるもの、アトピーなどのアレルギーによるもの、植物の種などの異物が混入したり、腫瘍ができることによるケースなどがあげられる。

◆愛猫の耳の中の色は? においは? 確認を

関連キーワード

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン