• TOP
  • ビジネス
  • ケンタッキー社長 「今後はデリバリービジネスを強化したい」

ビジネス

2019.12.22 07:00  週刊ポスト

ケンタッキー社長 「今後はデリバリービジネスを強化したい」

テイクアウト専門店が今後増えるか

「ケンタッキーフライドチキン」を展開する日本KFCホールディングスが絶好調だ。2019年4~9月期連結決算では、売上高は前年同期比8.5%増(381億円)、営業利益は約5倍の24億6600万円となった。客数も12%増という異例のV字回復を成し遂げた同社だが、今後も好調ぶりを維持することができるか。近藤正樹社長に訊いた。

──来年(2020年)は日本KFCにとって設立50周年の節目です。

近藤:まだ詳細はお話しできませんが、お客様に感謝を伝えることができる50周年にしたいと考えています。同時に、現場で働いてくれているKFCの関係者に対しても感謝の気持ちをどこかで伝えていきたいですね。

 また、オリンピックイヤーですからスポーツ全般がクローズアップされることになります。実際に競技場に行かれる方もいらっしゃいますが、現実的には大半はテレビ観戦になる。「テレビ観戦のお供にはケンタッキー」となる仕掛けを作っていきたい。

 東京五輪は7~8月に開催されますが、当社には「レッドホットチキン」という夏によく売れる商品がある。

 昨年の7月は「500円ランチ」(本来920円のオリジナルチキン1ピース、Sサイズのカーネリングポテト、ビスケット、Sサイズのドリンク)が目立っていましたが、実は「レッドホットチキン」も凄い売り上げを叩き出しました。季節限定の商品ですが、かなりの固定ファンがおられますので、ご満足いただけるよう今から準備を整えています。

関連記事

トピックス