ライフ

壇蜜、辻村深月、久住昌之が選んだ「2019年の3冊」

著名人が薦める本とは(イラスト/佐々木千絵)

 2019年にはどんな一冊を読みましたか? 各界の有名人がセレクトする2019年の3冊を紹介します。

◆壇蜜さん(タレント)が選ぶ2019年の3冊

『江戸モアゼル』キリエ(幻冬舎コミックス)

 人気の花魁が時空の歪みに引き寄せられて仲間と現代にタイムスリップしてしまったところからストーリーは始まる。生活費のためにコンビニや工事現場でバイトをするが、どうしても江戸の郭(くるわ)で生きてきた癖が出てしまう。奥手の上司に恋をするシーンは思わずキュン。

『ずうのめ人形』澤村伊智(角川ホラー文庫)
『禁断の雑学―誰もが口を閉ざす衝撃の雑学250』黒い雑学研究会(彩図社)

◆辻村深月さん(作家)が選ぶ2019年の3冊

『つけびの村』高橋ユキ(晶文社)
「平成の八つ墓村」などと騒がれた山口連続殺人放火事件を追ったルポ。平和なはずの「〈コープ〉の共同購入の場」が「危険な集まり」になってしまう過程に震え、それと同時に自分の生まれ育った土地の匂いが一緒になって蘇ってくる凄い本。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ(新潮社)
『すきなひと』桜庭一樹 画・嶽まいこ(岩崎書店)

◆久住昌之さん(漫画家、ミュージシャン)が選ぶ2019年の3冊

『アゲイン』楳図かずお(秋田書店)

『アゲイン』を初めて読んだのは中一の時。恐怖漫画の絵のまんまのギャグ漫画に、衝撃的爆笑。2019年に北海道の古書店で見つけ、買って読み二度目の爆笑! こんなに過激だったか。脱帽!

『ダリエン地峡決死行』北澤豊雄(産業編集センター)
『恐竜の世界史』スティーブ・ブルサッテ 監修・土屋健 訳・黒川耕大(みすず書房)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン