• TOP
  • ライフ
  • 壇蜜、辻村深月、久住昌之が選んだ「2019年の3冊」

ライフ

2019.12.22 16:00  女性セブン

壇蜜、辻村深月、久住昌之が選んだ「2019年の3冊」

著名人が薦める本とは(イラスト/佐々木千絵)

 2019年にはどんな一冊を読みましたか? 各界の有名人がセレクトする2019年の3冊を紹介します。

◆壇蜜さん(タレント)が選ぶ2019年の3冊

『江戸モアゼル』キリエ(幻冬舎コミックス)

 人気の花魁が時空の歪みに引き寄せられて仲間と現代にタイムスリップしてしまったところからストーリーは始まる。生活費のためにコンビニや工事現場でバイトをするが、どうしても江戸の郭(くるわ)で生きてきた癖が出てしまう。奥手の上司に恋をするシーンは思わずキュン。

『ずうのめ人形』澤村伊智(角川ホラー文庫)
『禁断の雑学―誰もが口を閉ざす衝撃の雑学250』黒い雑学研究会(彩図社)

◆辻村深月さん(作家)が選ぶ2019年の3冊

『つけびの村』高橋ユキ(晶文社)
「平成の八つ墓村」などと騒がれた山口連続殺人放火事件を追ったルポ。平和なはずの「〈コープ〉の共同購入の場」が「危険な集まり」になってしまう過程に震え、それと同時に自分の生まれ育った土地の匂いが一緒になって蘇ってくる凄い本。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ(新潮社)
『すきなひと』桜庭一樹 画・嶽まいこ(岩崎書店)

◆久住昌之さん(漫画家、ミュージシャン)が選ぶ2019年の3冊

『アゲイン』楳図かずお(秋田書店)

『アゲイン』を初めて読んだのは中一の時。恐怖漫画の絵のまんまのギャグ漫画に、衝撃的爆笑。2019年に北海道の古書店で見つけ、買って読み二度目の爆笑! こんなに過激だったか。脱帽!

『ダリエン地峡決死行』北澤豊雄(産業編集センター)
『恐竜の世界史』スティーブ・ブルサッテ 監修・土屋健 訳・黒川耕大(みすず書房)

関連記事

トピックス