ライフ

2019年重大ニュース【ライフ・ビジネス】猫の鳴き声の秘密

2019年のライフ・ビジネス重大ニュース1位は(Getty Images)

 2019年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2019年の「重大ニュース」を厳選した(2018年12月~2019年11月末の記事が対象)。ここでは【ライフ・ビジネス】編ベスト10を紹介。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)

●ライフ・ビジネス編1~3位

【1位】

うとうと眠る猫。「気持ちいいニャー」ではなく「気持ちいいねんねん」?

うとうと眠る猫。「気持ちいいニャー」ではなく「気持ちいいねんねん」?

■猫の「にゃー」は江戸時代以降、平安時代は「ねんねん」だった(5月)

「ネコの話題はネットの風物詩的なものです。日々、殺伐としたニュースばかりの中、こうした記事を多くの読者の方に読んでいただき、『我が家のネコの鳴き声』について色々と意見を述べてくれたことを嬉しく思います。ネットの一部に安寧をもたらせたのではないでしょうか」

【2位】

iPhoneに憤慨する鳥越氏(写真/時事通信フォト)

■鳥越俊太郎氏「なんで本人認証必要なのか!」とiPhoneに不満(10月)

「この記事については、ネット伝統の『老害叩き』が炸裂した形となりました。鳥越氏といえば、ネット上では色々と言われる方ではあります。特に2016年の都知事選出馬の時には様々な批判もありましたが、こうして『ご意見番』として最先端テクノロジーに異議を唱えてくれる方も必要です。鳥越さんにはこれからも『ベテラン代表』として自由闊達に意見を述べてもらいたいです」

【3位】

「売れ残りの在庫品」ばかりではなくなったが…

「売れ残りの在庫品」ばかりではなくなったが…

■消費者の「アウトレットモール離れ」が進んでいる理由(8月)

「この記事は、経済記事においては異例ともいえるPVを記録しました。通常、『NEWSポストセブン』に限らず、ネットニュースでは芸能・スポーツといった分野が大きなアクセスを集めがちですが、経済の話題についても『なぜこんな現象が起きたのか』をこれからも丁寧に解説していきますね」

●以下、4~10位

■ドコモショップ一部サービス有料化は「高齢者排除」なのか(11月)

■10連休トラブル集、殺意・離婚危機や「BBQ最悪」の声も(5月)

■母親が勝手に貴重なAVを処分、息子は損害賠償請求できるか(6月)

■理想の大便 「水にプカプカと浮く」「酸っぱい匂いがする」(6月)

■グラドルと一般女性の下着調査、勝負下着保有率やゲン担ぎ経験(9月)

■「一家に1台たこ焼き機」他、勝手なイメージに大阪府民反発(1月)

■「このハゲー!」はケンカをしていてもNG、薄毛夫への接し方(11月)

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン