• TOP
  • 芸能
  • 草なぎ剛、「今まで一番のセリフ量」により途方に暮れている

芸能

2020.01.01 07:00  女性セブン

草なぎ剛、「今まで一番のセリフ量」により途方に暮れている

新年仕事始めは、難解な古典戯曲のギャング役に挑戦

 2019年11月27~28日に行われたソロライブ『草なぎ剛のはっぴょう会』で奥田民生や斉藤和義ら憧れのギタリストたちとの共演を果たし、長年の夢を叶えた草なぎな新年に挑むのが「今までいちばんのセリフ量」という主演舞台。

 難しい役を目前に控えても、テンションアゲアゲないつものつよぽんでした!

 草なぎ剛の2020年は、1月11日スタートの舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』で幕をあける。

「とにかく膨大なセリフ量。しかも、台本を読んでもよくわからないことだらけで……稽古場で途方に暮れています」

 草なぎが極悪非道なギャング団のボスを演じるとあって、チケットはあっという間にソールドアウトしたという。

「そういうのを聞くと、頑張らなくちゃと思いますね。SNSとかを見ると、遠くから泊りがけでいきます、とか書いてあって、是が非でも自分のベストな状態をお見せしたい、と」

 そのために必要なのは?

「元気! 舞台って毎回同じようにやることは、なかなか難しいんですよ。だからこそ、自分が出す熱量だけは同じにしたい。そしたら、たとえセリフを間違えたりしたとしても、伝わるんじゃないかな、と。そのためには、まず元気! (アントニオ)猪木精神ですよ!」

 舞台の後も、ファンミーティング、スペシャルサポーターを務める東京2020パラリンピックと、大忙しの2020年。抱負を漢字一文字で教えてほしいとお願いすると、「学」という答えが返ってきた。

「人生は勉強っていうけど、本当にその通り。常に学ぼうと思っていると、周りの人がアドバイスしてくれたり、結果的に自分がいい方向に向かう。だから、2020年はますます学びたいです!」

 さらに、「舞台は自分の中にある未知の扉が開いていく感じがして、すごく刺激的! フィジカルもメンタルも、フルスロットルで駆けぬけたいです!」とも語った。

ファンキーにポーズ!

【『アルトゥロ・ウイの興隆』】
KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
作:ベルトルト・ブレヒト
翻訳:酒寄進一
演出:白井晃 
音楽・演奏:オーサカ=モノレール
出演:草なぎ剛・松尾諭・渡部豪太Monroe・古谷一行ほか

 ドイツの劇作家ブレヒトが1940年代に書いた戯曲を、草なぎと2018年の舞台『バリーターク』でタッグを組んだ白井晃氏が演出。生バンドが奏でるファンクミュージックに彩られた斬新な音楽劇だ。

※女性セブン2020年1月2・9日号

関連記事

トピックス