国内

東京五輪予算が続々と「水素関連事業」に使われる謎

予算が流用されている(写真/共同通信社)

 東京・目白通り沿いに、巨大なガス貯蔵施設に隣接した「練馬水素ステーション」と書かれた真新しい施設が目につく。水素ステーションとは、次世代エコカーの「燃料電池車」(FCV)がガソリン代わりに燃料とする水素を補給する施設である。

 2014年に関東初の商用水素ステーションとしてスタートした同所は一般的なガソリンスタンドと比べても広大だが、出入りする車は滅多に見られず、2人の従業員が黙々と落ち葉を掃いているだけだった。

「トヨタやホンダが次世代エコカーとして力を入れるFCVですが、現状は3000台程度となかなか普及していない。ネックとなっているのが、水素ステーションの整備が進んでいないこと。そこでFCVを支援するために、経産省が補助金を出して全国各地に水素ステーションを作っている。2020年度までに全国160か所が目標で、福島県や大分県などにも作られています」(自動車業界関係者)

 環境問題を考える上では重要な施策だが、この補助金が、今年開催を控える東京五輪の「関連支出」とされていることには疑問を覚えずにはいられない。

 2019年12月4日、国の財政を監視する会計検査院は、東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、2018年度までの6年間に国が支出した関連経費の総額が、約1兆600億円に上ったと明らかにした。大会組織委員会と東京都が見込む事業費と合わせると、関連支出の総額は3兆円を超える見込みだという。

 一方、国や大会組織委、東京都は12月20日、大会の総予算は1兆3500億円に収まると発表した。このうち、国の負担は1500億円とされている。1兆600億円と1500億円……なぜこれほどまでの開きが出るのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン