• TOP
  • 国内
  • 安倍首相4選すべきか 田原総一朗氏と屋山太郎氏の意見

国内

2020.01.04 16:00  週刊ポスト

安倍首相4選すべきか 田原総一朗氏と屋山太郎氏の意見

4選か退陣か(写真/AFP=時事)

 2020年には国論を二分する論争がいくつかあるが、その一つが安倍晋三首相 は「4選目指すべき」か「早期退陣すべき」か?──というものだ。

 本誌・週刊ポストの読者アンケート(※)では【続投】28.8%、【交代】71.2%だった。

 ここでは見解の異なる2人の識者の意見を紹介しよう。

●屋山太郎氏(政治評論家・「続投」派)

政治評論家の屋山太郎氏(写真/共同通信社)

 ポスト安倍のめぼしい存在がいない以上、安倍首相の4選は有り得るし、下手な人間が首相になるよりは、安倍首相のほうがずっといいでしょう。

 日本の首相を任せられる大きな資質は、中国と韓国に舐められないことです。中国に対してケンカをしろと言っているわけではなく、初めから頭を下げる必要はないということ。

 中国や韓国を甘やかす政治家には政権を任せられない。米中のケンカは新しい冷戦構造なのだから、米国の同盟国である日本がしゃしゃり出て中国にいい顔をしてはいけない。年末の訪中でも取り沙汰されたが、習近平を国賓として迎えるような外交はもってのほかだと思う。

 安倍首相は外交を熟知している。トランプ大統領が再選した時に、誰なら太刀打ちできるのか。北朝鮮が突然攻撃してきた時に、誰ならやり返せるのか。反発する力を持っている政治家は、今のところ安倍首相くらいしか見当たらない。

関連記事

トピックス