スポーツ

箱根駅伝「花の2区」走者が見た景色は? 名選手が振り返る

 村澤は中盤までに一気に16人を抜き、終盤にも1人抜いて17人抜きを達成した。最後の下り坂では疲労で足がピーンと張るなか、気力を振り絞り花形区間を走り抜いた。

◆応援のエネルギーはすごいです

「箱根駅伝で最も景色がよい」とされる3区。長い下り坂を越えて国道134号線に進むと、左手に相模湾、正面に富士山という絶景が広がる。2018年に青山学院大の選手だった田村和希(住友電工、24才)は、3区の走者だけが知る光景をこう語る。

「最初の10kmまでは沿道に人がたくさんいて、応援の声がバーッと耳に入るんです。だけど、海沿いに出ると急に人が減り、しんとなる。そのギャップには驚きました。声援があると興奮して高揚感が出るのですが、海沿いに出て静かになった瞬間には、疲れやキツさを急激に感じました。やっぱり応援のエネルギーはすごいです」

 前出の東海大・佐藤も1年時に3区に指名された。

「東海大学の湘南キャンパスがある3区の声援は、走りに集中していても耳が痛くなるほど大きくてびっくりしました。よく『応援が力になるでしょう』と言われますが、キツいものはキツいです(苦笑)。でも、諦めそうになった時に知り合いの応援があると、『もう一度頑張ろう』という気になります」(佐藤)

 大声援をバネに、この大会の佐藤は3区で8人を抜いて区間新を叩き出す。

 平塚中継所から西へ西へと海岸沿いを進み、小田原へ。小田原中継所から始まる5区は全長20.8km、標高差840mの険しい道のりだ。

「箱根の山は天下の嶮(けん)」と歌われる、壁のような登り坂を全速力で駆け上がるこの区間は、箱根駅伝で最も厳しいコースとの呼び声が高い。

「僕の時代までは選手の間でも敬遠されがちな区間で、多くの人は『5区は行きたくない、あんなキツいところ…』と(笑い)。でも僕は難しいコースだからこそ、人と差をつけやすいし、自分を売り込めるまたとないチャンスだと思っていました」

 と語るのは、5区で3度の区間賞を受賞して、「元祖・山の神」と呼ばれた順天堂大の今井正人(トヨタ自動車九州、35才)。

「宮ノ下(中間点)で割れんばかりの声援をいただいたのですが、その後静けさで耳がキーンとして…あの余韻のような感覚は今でも覚えています。

 そのあたりから一段と傾斜がきつくなります。特に恵明学園から山頂までの坂道は、登っても登っても同じような景色が繰り返されるので、“フェイク坂”と呼んでいました(笑い)。『そろそろ山頂か』と思ってカーブを曲がっても、『まだ見えない…』となるのが精神的に本当にキツかった。

 ようやくたどり着いた山頂から下り切ったところの、大鳥居をくぐってからの坂道も地味にキツいんです。油断したら足がガクガクになりそうで怖くて。ゴールの瞬間は、襷がつなげられたことでプレッシャーから解放され、何よりほっとしました」

 こうして往路は幕を閉じる。
(文中、敬称略)

※女性セブン2020年1月16・23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン