ライフ

ムンロ王子、2020年下半期を予測 五輪では漕ぐ競技が熱い?

10年間で約1万人を占ったというムンロ王子が占う2020年下半期は?

 東大卒でIT会社の社長という異色な経歴の持ち主である占い界のニュースター「ムンロ王子」が、2020年を大予測! 世界的に注目される東京オリンピックも開催される2020年の下半期を、タロットで占います。

 * * *
◆7月・運命の輪

 いよいよオリンピックが開幕。ワクワクするわね~。運命の輪が回り始めて日本中がお祭り騒ぎになる時は、思い切り参加して流れに乗ることが幸運の鍵。今を思いっきり楽しんだ方が幸運をつかめるから、新しいことを始めるのは、10月まで待ってね。

 7月は都知事選も行われる予定だけれど、有名なだけのイロモノ候補より、地味だけど実直で、車輪を精一杯漕ぎ続けてくれるような人を選んだ方がうまくいくんじゃないかしら。

 オリンピックでは、マウンテンバイクやボートなど、スポットが当たりづらかった「漕ぐ」競技でスターが生まれるかもしれないから、今からチェックしてみてね! 「車輪」に似た球体を丸いラケットで打つテニスや卓球も要注目。

◆8月・星

 8月のカードは「星」。まさにオリンピックでスターが誕生する月ね。特に男性アスリートが活躍しそう。

「星」のカードには水が描かれているから男子水泳は特にいい結果を残せるかもしれないわ。瀬戸大也選手(25才)をはじめ、若手選手にも注目よ。

 また、このカードは10年、20年先の光り輝く夢を表すカードでもあるの。先日退院した池江璃花子選手(19才)は、東京五輪こそ断念したけれど、「パリ五輪でメダル獲得」という目標を表明。「星」は、人生の願望を明確にしている人に味方するから、池江選手にはきっと輝く未来が待っているわ。

 あなたの人生も、この後の3年間でスポーツのように勝ち負けがハッキリするわよ。オリンピックをきっかけに日本が大きく方向転換するから、その流れを見逃さず、「勝ち組」に残れるように見極めて。

◆9月・節制

 オリンピックのはずみで日本経済が活性化するから、2020年の下半期は運気がグンと上がるわよ~。「節制」は、水が流れるように物事がスムーズに進むことを示すカード。流れに乗るのは簡単なようだけど、意外と難しいの。欲張りすぎると流れにうまく乗れないし、無欲だと流されてしまうのよ。適度な欲を持つことが大事なの。

 金運もいい時期よ。「金は天下の回りもの」というでしょ。金運がいい時こそ、ため込まず有意義に使うべし。この秋は投資や株をやるのもよさそう。宝くじを買うならこの時に。

◆10月・戦車

「戦車」のカードは、スピーディーに突進せよ、というメッセージ。あれこれ迷わず突っ走って。迷いがあると急ブレーキがかかって危ないわ。

 健康運は「食べすぎに注意」と出ているわ。突っ走っているとストレスもたまるし、食欲の秋だから、つい食べすぎてしまうみたい。ストレスは運動で解消するように心がければ、逆にダイエットを始める絶好のチャンスになるわ。

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン