●大怪獣ゴジラがセンター試験で大暴れ!?

 2011年、日本史Aで『ゴジラ』(1954年11月公開・東宝)のポスターを元に、1950年代の核兵器を巡る出来事が問題に。この年の3月に第五福竜丸がビキニ環礁で米軍による水爆実験に巻き込まれて被曝していた。選択肢b〈アメリカの水爆実験により、日本の漁船が被曝した〉、d〈被爆国の日本で、第1回原水爆禁止世界大会が開かれた〉が合っており、a〈アメリカの原爆実験により、ソ連の漁船が被曝した〉およびc〈日本に原爆を投下したアメリカで第1回原水爆禁止世界大会が開かれた〉は誤り。ちなみに、出題の2か月後、東日本大震災によって福島第一原発が爆発。放射性物質の放出を伴う原子力事故が起こった。

●スマホの内部はこうなっているんですね

 2017年、スマートフォンの国内出荷台数が過去最高(3199.4万台)に達した。その翌年、意外にも地理Bでスマホが登場。端末を分解して中身を見せ、国際特許出願件数、アルミ合金ケースの原料となるボーキサイトの生産量、リチウムの生産量について、国・地域とそれらが世界全体に占める割合が問われた。国際特許は欧米などの先進国、ボーキサイトは熱帯地域の南米、リチウムはオーストラリアとチリの2か国が8割を占める。ちなみに、分解されたスマホは元に戻るのだろうか……。

●こんなカッコでハロウィンに行かないでしょ!

 ハロウィンでの仮装が日本でも定着し始めてきた2012年、英語のリスニングでは不思議な絵が並び、ICプレーヤーから以下のような会話が流れた。女「ハロウィンパーティにスーパーヒーローの格好で行くの?」、男性「うん。マスクを作り終えたよ」、女性「頭全体を覆うの?」、男性「いや、でも長靴と手袋は手に入れた」。会話から最も適切な絵は判断できるが、この格好で渋谷を歩いても誰からも声を掛けられることはないだろう。

関連記事

トピックス

別居していることがわかった篠田麻里子
《離婚発表》元夫はなぜ篠田麻里子の「言葉を信じる」ことになったのか 不倫疑惑に「悪いことはしていない」
NEWSポストセブン
行方不明になった隼都さん
《壱岐市高校生が遺体で発見》虐待疑惑の里親を「みんなで支える」教育長の聞き取りに複数の実親が出していた答え
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
WBC表彰式後の大谷翔平(AFP=時事)
WBC決勝前、大谷翔平はなぜ「憧れるのをやめましょう」と言ったのか 心理士が指摘する“憧れ”の副作用
NEWSポストセブン
14年ぶり世界一に日本中が歓喜した
【侍ジャパン】次期監督、工藤公康が有力候補も「消極的」か 3年後の世界一に相応しいのは?
NEWSポストセブン
「次は芦田さんに司会を」という声もあるという(時事通信フォト)
芦田愛菜、名門私大進学に続いて期待される「紅白最年少司会」 女優・学業・司会の三刀流なるか
週刊ポスト
任意聴取時には「救急車を呼ぼうとしたが」とも話していたという
【肉声入手】京都タリウム殺人 完全黙秘の容疑者が知人に明かしていた「彼女の死後に宇多田ヒカルで号泣」「20万円の“弔いシャンパン“」
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン
“年内8冠”への期待も(時事通信フォト)
藤井聡太が6冠制覇も“年内8冠”はあるのか 最大の敵は「ハードスケジュール」
週刊ポスト
決死の告白をした被害者の「メープル」さん(Netflix『全ては神のために:裏切られた信仰』予告編より)
韓国宗教団体・摂理の教祖、信者への性犯罪で何度も逮捕 数百人の日本人女性も被害に
週刊ポスト
麻薬特例法違反の疑いで警視庁に逮捕された道端ジェシカ容疑者(Instagramより)
MDMAで逮捕の道端ジェシカ容疑者「カエルの毒でデトックス」「嘔吐シーン」の不可思議な近況
NEWSポストセブン
WBCでは1番打者として活躍したヌートバー
《WBC優勝に貢献》ヌートバーの“愛されキャラ”に影響を与えた意外すぎる「日本の児童書」
NEWSポストセブン