• TOP
  • 国内
  • 新型肺炎 中国は人から人へ感染ないと断言すべきではなかった

国内

2020.01.30 07:00  週刊ポスト

新型肺炎 中国は人から人へ感染ないと断言すべきではなかった

今回も初動は遅かった(写真/AFP=時事)

 2003年のSARS流行時にも、中国政府の対応が問題となった。

「SARSの最初の患者は2002年11月に確認されたにもかかわらず、中国政府はその事実を隠蔽していました。WHOの調査さえ拒み、翌年4月まで公表しなかった。その間に感染者数が爆発的に増えたことは間違いありません。今回はそうした意図的な隠蔽はなかったにせよ、武漢市での患者確認から政府発表までの時間はもう少し早められなかったのか、との誹りは免れません」(中原氏)

 歴史を繰り返さないために大切なのは、その教訓を活かすことだ。

※週刊ポスト2020年2月7日号

関連記事

トピックス