国内

「撮り鉄」のマナー違反問題 老舗カメラ雑誌編集長の苦悩

笹塚駅のホーム床面にあった注意書き

撮影時の注意事項が駅に掲示されている。京王電鉄・笹塚駅

 鉄道ダイヤ改編期になると、ネットだけでなくニュース報道でもマナーを守らない鉄道ファンの話題が世間を賑わせる。私有地に立ち入り踏み荒らす、乗客に罵声を浴びせるなどトラブルを起こしがちと言われる鉄道の撮影ファン、いわゆる「撮り鉄」は、すっかり嫌われ者だ。だが、彼らが撮る写真は「同じ場所・構図」のため「図鑑写真のよう」だと伏見美雪・アサヒカメラ編集長は指摘する。ライターの小川裕夫氏が、問題行動を起こす撮り鉄がとらわれている編成写真至上主義の存在を指摘し、その原因について考えた。

 * * *
 近年、鉄道ファンの裾野は確実に拡大しつつある。

 鉄道ファンの裾野が拡大傾向にある背景には、さまざまな要因が考えられる。軽量小型のミラーレスカメラやスマホの普及によって撮り鉄への参入障壁が低下したこと、テレビ朝日系列『タモリ倶楽部』やNHK『鉄オタ選手権』などの鉄道をテーマにしたテレビ番組が増えたこと、元SKE48メンバーで女優の松井玲奈やモデルの市川紗耶、アイドルグループ私立恵比寿中学の元メンバーでYouTuberとして活動する廣田あいかなど若い女性芸能人が鉄道を好きと公言するようになったことetc……

 いくつもの要因が重なって、鉄道ファンの裾野は広がった。その一方、鉄道ファンによる迷惑行為もあちこちで報告されるようになった。

 迷惑な鉄道ファンの中でも、特に鉄道を撮ることが好きな、いわゆる撮り鉄の評判がすこぶる悪い。同じ鉄道ファンの乗り鉄からも「撮り鉄は機材が多いから自動車で移動する。列車に乗らない。だから鉄道会社の経営にも貢献していない」と非難されることさえある。

 当たり前の話だが、マナーが悪いと指弾される撮り鉄は一握りにすぎない。大半はマナーを守って撮影を楽しんでいる。

 一部の悪行が流布することによって、撮り鉄全体のイメージは著しく毀損している。高まる撮り鉄への非難に対して、鉄道業界やカメラ業界はマナーアップに取り組む。そうした業界内にあって、特にマナーアップに力を注いでいるのが老舗カメラ雑誌『アサヒカメラ』だ。

『アサヒカメラ』はカメラ雑誌では異色の存在で、技術だけではなく、マナー問題も積極的に記事化。啓発や注意喚起をつづけてきた。特に反響が大きかったのは、2年前の鉄道特集号で、撮り鉄のマナーアップを目指す “嫌われない「撮り鉄」になるために!”という記事を掲載したことだった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
神田正輝を目撃
神田正輝の個人事務所が解散、引退説が浮上 直撃に本人は「今後は仕事を始末してから考えます」
女性セブン
映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)
香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ
NEWSポストセブン
偉業を達成したヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
村上宗隆の弟・慶太が明かす 兄と「寿司100貫」食べながら見せた“気遣い”
NEWSポストセブン
落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)
もう「落合博満監督」は二度と見られないのか? 「今こそ古巣・ロッテが招聘すべき」の声
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
敏腕経営者に華麗に転身したローバー
深夜番組で一世を風靡したローバー美々が敏腕経営者に転身 コロナ禍で年商3倍に「私にしかできないことをやりたい」
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
誕生日は9月30日(写真/木村圭司)
声優・伊達さゆり ファンに祝ってもらった20歳の誕生日を振り返る「素敵な思い出になりました」
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
2次選考を通過したのはこの4人!
【日本グラビアクイーンコンテスト】2次選考通過者4人を発表 いよいよファイナルへ
NEWSポストセブン