• TOP
  • 国内
  • 廃棄野菜を流通させる取り組み、総買い取り量は1万kg以上

国内

2020.02.13 11:00  女性セブン

廃棄野菜を流通させる取り組み、総買い取り量は1万kg以上

変形したトマトも活用

具だくさんスープに…

 とはいえ、飲食店では傷がついた野菜はその部分を処理する作業が加わるため、調理には通常の倍の時間がかかり、敬遠されがちだ。

「そのため出荷されずに廃棄処分になるのも仕方がないのかもしれません。しかし、フードロスが問題視される今、農家が出荷をあきらめ、時に収入が途絶える事態さえある状況でも、やむなく野菜を廃棄し続ける現在の農業の姿を変えなくてはいけないのです」

 消費者の意識も大きく関係している。例えばスーパーでは、無意識に均一のクオリティーを欲しがる。店側はそのニーズに応えるべく、見た目が揃ったものを提供せざるを得ない。そのため生産者にきれいな野菜を求めるのだ。

◆フードロス対策が食育につながる

 現在、生産農家の理解も深まり、20軒近くの農家と継続的につながっている。梨、トマト、ピーマン、なす、いんげん、さつまいもなど一定量を安定確保できる野菜も増えてきたため学校給食で扱ってもらえないか交渉中だ。

「給食なら一年を通して需要があるため、農家にも安定的な収入を還元できるようになる。子供たちの『食育』においても地産地消を学ぶきっかけとなるはずです。企業の社員食堂にも提案中で、今後の販売ルートの拡大が課題です。食べ物への価値観は幼少時から養われます。野菜の味は大きさや形とは関係ないんだよと教えてあげることこそ、意識を変える大きな一歩になると考えています。

 また、それを知った子供たちから親に伝播することで、日本人全体の意識が変わっていくはずです」

◆この取り組みを全国に広げたい

 チバベジを立ち上げ、活動してから3か月。廃棄野菜の総買い取り量は1万kg、総買い取り額は250万円を超えた。

「チバベジを知った他県のかたから、千葉の野菜を送ってほしいと声がかかると素直にうれしいです。しかし、共感いただけるのであれば、まず地元の野菜を買っていただきたい。

 理想はチバベジのやり方に賛同してもらい、全国各地に同様の仕組みが浸透し、食品ロスがゼロの未来。たとえば長崎県であれば“ナガベジ”というような地元の農家を応援する仕組みが増えていってほしい。それが災害などの緊急時をも乗りきる力となっていくのです」

※女性セブン2020年2月27日号

関連記事

トピックス