• TOP
  • スポーツ
  • 王貞治氏が明かす「プロ野球16球団構想」の真意

スポーツ

2020.02.18 07:00  週刊ポスト

王貞治氏が明かす「プロ野球16球団構想」の真意

16球団構想を語る王氏

 王貞治・ソフトバンクホークス球団会長は79歳となった今も、球界の未来のために精力的な活動を続けている。年初にテレビ番組で発言した「プロ16球団構想」は大きな話題となった。同時代に活躍したレジェンドたちが次々と鬼籍に入る中、“世界の王”が語り尽くした。王氏はまずはかつて「エースは先発完投するもの」といった風潮が変わったことについて言及した。

 * * *
 現代の感覚からすれば、ピッチャーの分業制は当然でしょう。ただ僕たちの世代があえて言うとすれば、ピッチャーには「投手として完全燃焼した」と思えるようにしてあげたいと思う。今年から高校野球で球数制限が導入されます。プロでも先発ピッチャーは100球がメドとされますが、大切なのは上体に頼らずに、下半身を使ってしなやかに投げること。そうすれば100球を超えても投げられる体になる。

〈時代に合わせた変化といえば、王氏は1月放送の福岡のローカル番組で「プロ野球を16球団に」と言及したことで球界を驚かせた。あの発言も、変わるべき球界の未来を念頭に置いたものだったのだろうか〉

 12から16球団に増やすのは大変だと思いますが、地方に行くと「(新規参入が認められれば)手をあげたい」と話す人がたくさんいる。その人たちが実際にNPBに話をしているかは分かりませんが、地方では大勢の人がアマチュアや女子チームを持って熱心に活動している。彼らの立候補を待つのではなく、NPBから「手をあげてくれるか?」と投げかけてもいいんじゃないかな。すべてを受け入れるのではなく、条件を精査する必要はあるが、少なくとも門戸を広げる意思をNPBが示すべきだと思いますね。

関連記事

トピックス