• TOP
  • ライフ
  • 医師が教える賢い患者になる方法と“名医の条件”

ライフ

2020.02.20 07:00  女性セブン

医師が教える賢い患者になる方法と“名医の条件”

最初の診断が間違っているケースはよくあるという

 具合が悪くて病院に行ったのに、何時間も待たされた挙げ句、診察は数分。そんな短時間で正しい診断をされているのか不安があるものの、聞くには聞けず…。病院に行くことが、ストレスになっていないだろうか? 医師にベストな治療をしてもらい、ひいては自分の命を守るにはどうしたらいいのか。現役医師に教えてもらった。

◆風邪かと思ったら肺炎! 最初の診断は誤診か?

 あなたがもし、このような診療をされたら、どう思うだろうか。

 風邪のような症状で病院を訪れたが、初診では検査は必要ないと言われ、解熱鎮痛薬を3日分だけ処方してもらい、帰宅することに。しかし1週間後、症状が悪化。別の病院の医師に診てもらったところ、肺炎だと判明した──。

 このように、最初の診断が“間違って”いて、症状が悪化してから適切な治療をしてもらうケースは、診療の現場でよくあるという。

 患者からしてみれば、もし最初の医師が的確に診断していれば、悪化することもなかったのに…と、怒りたくなるのは当然だ。しかし、現役医師によると、最初の診断が間違っていたとは言い切れないという。

「このようなケースでは、どんな名医でも最初の段階で肺炎を見抜くのは難しいことが多い。軽い風邪の症状なら、それを緩和する薬を数日分処方するか、あるいは薬を処方しないで、まずは様子を見るのが一般的です」

 こう話すのは、現役外科医の山本健人さんだ。しかし、だったら最初に“ほかの病気の可能性も考えた検査”をするべきだったのではないか。

「問診したとき、風邪の症状しか見られないようなら、リスクを冒してまで検査をする必要はありません。というのも、検査も薬も、必ず副作用があり、体への負担は想像以上に大きいからです。この患者さんがもし、病状が悪化した後も最初の医師のところに再度診察に行っていたら、その医師も肺炎と判断し、そのための治療をしてくれたはずです」(山本さん・以下同)

◆病気に関する情報量が診断を左右する

 1番目と2番目の医師の違いは、医療の腕ではなく、病気に関する判断材料の“量”なのだという。

「最初は風邪でも、時間が経てば状況は変わります。さまざまな要素が重なり、結果として肺炎に発展することはよくあります」

 だからこそ、“様子を見る”という、一見何もしないと思われるような診断も重要なのだという。3日間程度の薬で様子を見て、効果がなかったり、症状が変化するようなら別の可能性を考える。そうすれば、余計な薬や検査といったリスクを冒さずに、よりベストな解答を導き出せる。

関連記事

トピックス