ライフ

1本1000円程度の高級食パン “手の届くぜいたく”で人気

人気はうなぎのぼりの高級食パン。なぜブームに?

「食パンに1000円近く払うなんて!」と思いつつ、試しに買ってみるや、いつもの価格に少し足せば得られる満足感で病みつきに…。そんな人が続出なのか、高級食パンの人気はうなぎのぼり。なぜブームは起きたのだろうか。

◆高級化の予兆は7年前から

「8枚切り? いえいえ、やっぱり6枚でしょ~」と、厚さ中心に選んでいたはずの食パンを、「専門店が誕生」「あの食パン屋さんは行列必至」と、話題のお店の名前で選ぶようになったのは、いつの頃からか…。

「2013年にセブン-イレブンの『金の食パン』が登場すると、焼くのが当たり前だった食パンに生食という新常識が加わり、注目されました。そして、素材や製法にこだわった食パン専門店の誕生が、さらにブームに火を付けたのです」と、パンコーディネーターのひのようこさんは振り返る。

「転換点となった2013年には、大阪で『乃が美』が、東京ではバゲットで有名な『ヴィロン』の食パン専門店として『セントル ザ ベーカリー』が開業しました。それ以降、高級食パンは、甘めの口どけ系、こくのあるもちもち系、バターリッチ系、チョコや抹茶の混ぜ込み系、箱入り系など、いくつかのタイプに分化しています」(ひのさん)

 焼かずに生食で食べてもおいしいように、生クリームやはちみつを入れた食パンが開発されると、食事のみならず、おやつや手土産としても用いられるようになる。そんな付加価値を生んだのも画期的な変化だ。

「高級とはいえ、1斤あたり400~500円程度のものが多く、通常の食パン価格に100~200円を足せば買える。そんな“手の届く贅沢”さも人気の理由です」

 と、『考えた人すごいわ』など多くの高級食パン専門店をプロデュースする岸本拓也さんは言っていたが、食パンは、いまやちょっとオシャレで体裁のいい贈り物としても喜ばれている。

◆買い方&運び方にもコツあり

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン