• TOP
  • ビジネス
  • 新型コロナウイルス 「特効薬」の開発はなぜ進まないのか

ビジネス

2020.02.27 07:00  NEWSポストセブン

新型コロナウイルス 「特効薬」の開発はなぜ進まないのか

増産体制でもマスク不足は解消されず(時事通信フォト)

増産体制でもマスク不足は解消されず(時事通信フォト)

 このように、ワクチン開発も、抗ウイルス薬と同様、簡単には進まない見通しだ。実際に、SARSやMERSに対してもワクチンは開発されていない。

 医薬品メーカーの担当者によると、SARSの場合は、ワクチン候補の臨床試験が可能になる前に、SARSの感染自体が終息してしまったという。また、MERSの場合は、SARSに比べて感染拡大が緩やかだったこともあり、「ワクチン開発に、すぐに多くの時間と資金を費やすのは合理的でない」との声が、複数の研究者からあがっていた模様だ。

 さらに、ワクチンの安全性に対する危惧も、開発に時間がかかる理由の1つとなっている。そもそもワクチンは、健康な人が病気を予防するためのものである。もし、ワクチンを打つことで、健康な人が病気になってしまうようなら、大問題となりかねない。そこで、ワクチン開発では、接種によるリスクが、得られる利益よりも圧倒的に小さいことを証明していく必要があるのだ。

 1月末に、国立感染症研究所は、新型コロナウイルスの分離に成功したと発表している。今後は、このウイルスが国内外の研究機関に広く配布され、抗ウイルス薬やワクチン開発が進められていく見込みとなっている。医薬品の開発が着実に進められることを期待したい。

 では、抗ウイルス薬やワクチンが実用化されるまでの間、一般の市民はどうすればよいのか。ありきたりではあるが、戸外からの帰宅時、食事の前、トイレの後の、うがいや石鹸での手洗い、アルコール消毒の徹底、外出時のマスク着用、できるだけ人混みを避ける──など、日常生活の中で、今できる感染症対策を粛々と取っていくしかない。

関連記事

トピックス