国内

新型肺炎に解熱剤がダメな理由、食べるべきはサムゲタン

体調が悪化した場合、自宅にあるかぜ薬などはむやみに飲まない方がいい(Ph:Getty Images)

 世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。すでに「水際対策」ではなく「蔓延期」──2月21日、日本感染症学会などが使った言葉が、事態の深刻さを物語っている。もはや感染拡大は前提といえる。あなた自身が、あるいは家族が発熱し、感染が疑われる場合、どう対処すればいいのか。大事なのは、重症化を避けること。そのために絶対にやってはいけないことがある。

 秋津医院院長の秋津壽男さんは「いまは熱が出ても解熱剤はのむべきではない」と指摘する。

「体が熱を発しているのは、体内で免疫が異物であるウイルスと闘っているからです。現在までのところ新型コロナウイルス感染による症状の6~7割は軽症で済むことが多く、自分の体力で打ち勝てる敵です。熱やだるさは体が“私に任せておいて”と伝えている信号なのに、それを無視して解熱剤を使って熱を下げてしまうと、体内の免疫力もダウンさせてしまい、その結果、重症化のきっかけを与えてしまいます」

 解熱作用のあるロキソニンやボルタレンなどの鎮痛剤も、同様に体の症状を無理やり抑え込むため、服用すべきではないと秋津さんは続ける。

 最も大きな問題は、こうした薬で本当の症状を隠してしまうことだ。新型コロナウイルスが疑われる条件の1つに「37.5℃以上の発熱が4日以上続く」とある。解熱剤で強制的に下げて外出することは危険極まりない。

 実際に、感染が疑われる中国人観光客が解熱剤を使って空港の「体温監視」をくぐり抜けたことが、感染拡大を招いたという指摘もある。

「新型コロナウイルスに感染しているなら、解熱剤や鎮痛剤で熱を下げても、ただのごまかしに過ぎません。他人にうつすリスクはもちろん、重症化を引き起こせば、取り返しのつかないことになるかもしれない。いまは発熱したら、とにかく様子を見ることです」(前出・秋津さん)

 ウイルス対策にと、抗生物質をのむことも大きな誤りだという。

「過去にかぜなどで処方された抗生物質が自宅に残っていたからと、のむ人もいるかもしれません。抗生物質とは菌に効く薬で、ウイルスには効果がない。しかも無駄に抗生物質をのむと体内に耐性菌ができてしまい、実際に細菌に感染したときに抗生物質が効かなくなります」(前出・秋津さん)

 体調不良になると栄養ドリンクをグビグビのみ干す人がいるが、これも逆効果になりかねないという。

「しっかりと休息をとって栄養補給の一環として摂取するならいいですが、仕事の合間などに発熱や倦怠感を抑えるためにのんでもそれはごまかしているだけなので、効果はありません。むしろ疲労が蓄積して免疫力が低下し、重症化しやすくなります」(前出・秋津さん)

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン