• TOP
  • 芸能
  • 小川彩佳アナ、産休発表でNEWS23降板説が帳消しか

芸能

2020.03.14 16:00  女性セブン

小川彩佳アナ、産休発表でNEWS23降板説が帳消しか

産休発表が窮地を救った?(共同通信社)

《もしかしたらお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが…、現在妊娠しており、この夏出産予定です》

 2月28日、『NEWS23』(TBS系)の公式ツイッターで妊娠を発表した小川彩佳アナウンサー(35才)。《体調と相談しながら「NEWS23」に復帰したい》と、産休後の復帰のタイミングにも言及した。

「このタイミングでの妊娠発表はまさに“奇跡的”ともいえる。小川アナにとっては、自身の窮地を救ったことになりますよね」(テレビ局関係者)

 小川アナは昨年2月に結婚を発表し、同4月にテレビ朝日を退社。同6月には『NEWS23』のメインキャスター就任と、異例の早さで他局の報道番組に移籍した。

「鳴り物入りだっただけにTBSの期待は大きかったが、視聴率は2~4%と低迷続き。小川アナだけの責任ではありませんが、“降板”は話題にのぼっていました。実際にTBSは4月の番組改編を機に、アナウンサーの入れ替えなどの改革を狙っていたと聞いています。

 ところが、今回の小川アナの妊娠報告で“予定が狂った”とTBS側は頭を抱えている」(別のテレビ局関係者)

 そこには、かつて『NEWS23』のキャスターを務めた膳場貴子アナ(45才)に起きたトラブルが影響しているという。

「膳場アナは2015年7月に妊娠が明らかになり、臨月の11月に産休に入りました。翌2016年2月には番組に復帰しましたが、同年3月には番組を降板。それがTBSによる『マタハラ』だと世間から強い批判を浴びました。

 小川アナの“降板”に妊娠はまったく関係ありませんが、このタイミングで降りるようなことがあれば、再びマタハラ批判が起こりかねません。妊娠発表で降板説も“帳消し”になりそうです」(前出・テレビ局関係者)

※女性セブン2020年3月26日・4月2日号

関連記事

トピックス