芸能

『パラサイト』がオスカー獲得 以前からすごかったアジア映画

ソン・ガンホは『パラサイト 半地下の家族』で安定感ある名演を見せた(写真/アフロ)

 ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』がアカデミー賞92年の歴史の中で、今年、アジア映画として初めて作品賞を受賞。世界にそのスゴさを印象づけた。しかし、振り返ってみれば、2010年以降でも、パルムドール3作品、ベルリン金獅子賞2作品など、アジア作品はとっくにすごかった! 新型コロナウイルスの拡大で外に出歩きづらい昨今、自宅に籠もってアジア映画三昧はいかがだろうか。

 アジアの映画が世界で注目されるようになったのは、「1951年に黒澤明監督(享年88)が『羅生門』でベネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)を受賞し、国際的な評価を得たことが大きい」と、日本映画大学学部長の石坂健治さんは言う。

「その後も今村昌平監督(享年79)が『楢山節考』でカンヌ国際映画祭のパルムドールをとるなど、海外でも日本映画がよく見られていました。しかし、アジア映画は農村など人々の暮らしを描いたものが中心で、スペクタクルが目立つハリウッド映画に対し、アジア映画は小じんまりしたものでした」(石坂さん・以下同)

 1980年代半ばになると自らスタントをこなす香港の俳優ジャッキー・チェン(65才)がアジアのトップスターに。

「この時代、香港はまだイギリス領だったため、自由に映画が作れる環境にあったこともあって映画産業が発展。香港に限らずインドもイギリス、フィリピンはスペイン、アメリカ、ベトナムはフランスと、アジアの多くは植民地だった歴史があるため、それぞれが支配国の影響を受け、ハリウッドとは違う独自のスタイルが生み出されました」

 1990年代に入ると、アジア諸国も経済が発展。映画の予算も潤沢に。日本では『踊る大捜査線THE MOVIE』(1998年)、韓国では『シュリ』(1999年)のようなスケールの大きい作品が作られるようになる。

 そして2001年にはワイヤーアクションを使った台湾のアン・リー監督(65才)の『グリーン・デスティニー』(香港、中国、台湾、アメリカの合作)が、アカデミー賞外国語映画賞を獲得する一方、フィリピンやインドネシアでは独裁政権からの解放で、表現の自由が認められた。

「それにより、若い才能が自由に活躍できるようになり、特に東南アジアではパワーのある作品が誕生しました」

※女性セブン2020年4月9日号

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン