国内

新型コロナ重症化と喫煙の関係 回復した田嶋幸三会長は非喫煙

喫煙者は重症化するとの指摘が

 世界的に感染が広がっている新型コロナウイルス。感染者のうち80%が軽症で歩ける。残り20%は確実に入院が必要といわれ、そのうち5%は集中治療室に入らなければ命を落とす。何が重症化をもたらすのか──。

「中国・武漢で蔓延し始めたとき、感染で『脳が炎症を起こして壊死する』とか、『ウイルスが中枢神経を攻撃して突然死する』などという報告があった。しかし、いまでは新型コロナは肺の中にたまり、肺炎など呼吸器系の疾患を引き起こし、それが重症化を招くことがほぼ判明しています」(厚労省関係者)

 治療に当たる多くの医師が口を揃えるのが、「患者の肺の健康状態が生死を分ける」ということだ。

「肺炎を起こしやすいリスクが高い人が要注意と言えます。たとえば膠原病やリウマチといった免疫疾患がある人や、気管支喘息などの持病で呼吸器系が弱い人。高齢者で、誤嚥性肺炎の経験があったり、発熱時に肺炎を併発しやすい人も重症化リスクがあります。

 ウイルスが原因になる肺炎は一般的に、肺胞を支える組織である『間質』の部分が炎症を起こす間質性肺炎です。ごく稀ですが、遺伝的に間質性肺炎を起こしやすい人たちもいます。親族で肺炎になる人が多い場合は、新型コロナに充分な注意が必要です」(前出・厚労省関係者)

 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんは、「喫煙歴」を指摘する。

「たばこは徐々に肺の組織を壊し、機能を低下させ、肺炎リスクを増大させます。問題は過去に吸ったたばこの本数で、残念ながら一度壊れた肺胞は甦らないので、いまから喫煙をやめたとしてもリスクが下がることはありません」

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン