芸能

岡田晴恵さん、番組出演145本以上 庶民的ファッションも好評

愛称は“晴恵ちゃん”(2006年の写真。共同通信)

 1月末で17人、2月末で239人、3月末で2122人。新型コロナウイルスの日本の累計感染者数が増えていく一方、それに比例するように急激に増えている数字がある。

 1月中旬の時点ではゼロ。1月末で33本、2月末で87本、3月末で145本――。実はこれ、岡田晴恵・白鴎大学教授が出演したテレビ番組(地上波)の累計本数だ。国立感染症研究所の元研究員にして、感染免疫学・ワクチン学の専門家。新型コロナ対策をわかりやすく解説する語り口が評判で、テレビに引っ張りだこ。いまや1日2本ペースで出演している。

「視聴者の間では“晴恵ちゃん”の愛称で親しまれています。ネット上では、『岡田教授Tシャツ』など関連グッズまで売られているほどの人気者です」(テレビ局関係者)

 最近はコロナ解説よりファッションが話題になることも。

「1月にテレビに出始めた頃は、いかにも研究者らしく、ダークトーンの服を着て、めがねをかけていました。

 でも、テレビ出演を重ねるうちに、どんどん華やかなファッションに変わってきて、いつの間にかコンタクトレンズに。つけまつげで目元がパッチリしている日もある。巷では、そのわかりやすい変化が“少女漫画のヒロインみたい!”といわれているようです」(前出・テレビ局関係者)

 たとえば、岡田さんがよく着ているムーミン柄のワンピース。実は、若者の間で人気の“ゆるふわ系”ブランド「フェリシモ」の商品だ。

「芸能人みたいに高級ブランドを身につけているわけではなく、フェリシモのワンピースは7000円ほど。庶民的で好感が持てます」(別のテレビ局関係者)

 ヘアメイクにもこだわりを見せ始め、赤色の髪は暗めから徐々に明るめのトーンに変わっていき、3月末には紫色に染め直した。さらに、4月には黒くなった。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン