• TOP
  • スポーツ
  • 関根潤三さん 沢村栄治との出会いから始まった野球人生

スポーツ

2020.04.11 16:00  NEWSポストセブン

関根潤三さん 沢村栄治との出会いから始まった野球人生

現役時代の関根潤三さんのバッティング(写真:時事通信フォト)

 現役時代は近鉄、巨人などでプレーし、引退後は広島と巨人でコーチ、大洋とヤクルトで監督を務めた関根潤三さんが4月9日、老衰のため亡くなった。93歳だった。関根さんは2リーグ分裂の昭和25年に近鉄パールスに入団。実は、あの伝説の大投手の一言がプロの世界に足を踏み入れるキッカケとなっていた──。(文中敬称略、名前は当時)

 昭和18年、日大三中(現・日大三高)が多摩川の巨人合宿所近くの河川敷で練習していると、どてら姿で下駄を履いた沢村栄治がやってきた。打撃練習をしていた関根が「いいところを見せてやろう」と快音を連発すると、沢村が声を掛けた。

〈「きみ、素質があるよ。しっかりがんばりなよ」沢村さんは、私の肩にぽんと手を置くと、そう言った。日本一の大投手から、素質があると言われたのである。「よし、真剣に野球にとりくもう、そして六大学のどこかに入って……」(中略)この日の沢村さんのひと言がなかったならば、私の人生は大きくかわっていたかもしれない〉(平成2年8月発行 関根潤三著『一勝二敗の勝者論』佼成出版社)

 藤田省三監督率いる法政大学に進んだ関根は根本陸夫とバッテリーを組み、東京六大学リーグで通算41勝30敗、防御率1.96の成績を残した。卒業を間近に控えた昭和24年秋、アメリカから来日した3Aのサンフランシスコ・シールズが日本のプロ野球チーム(全日本選抜、東軍、西軍、巨人)、日本に駐留していた極東空軍、全陸海軍と対戦。10試合を終えて9勝1敗となり、最後の一戦は藤田監督の指揮する六大学選抜チームと行なった。そこに関根もメンバーとして名を連ねた。

 先発を任された関根は、初回にいきなり2点を失ってしまう。精鋭を集めた六大学選抜唯一の試合であり、この時点で交代になってもおかしくなかった。しかし、藤田監督は続投を命じる。意気に感じた関根は立ち直り、2回以降ゼロを並べた。延長13回に2点を失って4対2で敗れるも、このシリーズで日本人唯一の完投を遂げ、あの沢村栄治と同じようにアメリカチームとの対戦で脚光を浴びた。関根は自伝で、こう感謝を述べている。

関連記事

トピックス