老衰一覧

【老衰】に関するニュースを集めたページです。

死を間近にした高齢者が自宅で倒れた…連絡すべきは「かかりつけ医」

死を間近にした高齢者が自宅で倒れた…連絡すべきは「かか…

 誰にでも訪れる「最期の時」。その瞬間をどこで迎えるかということは大きな問題だ。たとえば、死を間近にした高齢者が自宅で倒れるケース…

2021.06.02 16:00  女性セブン

医療における「最後の選択」をどう考えるか(イメージ)

人生最後の明暗を分ける 死ぬよりつらい「延命治療」の…

【NEWSポストセブンプレミアム記事】 眠るようにして穏やかに息を引き取りたいというのは、多くの人に共通する願いだが、なかなかそうはい…

2021.05.17 07:00  週刊ポスト

日本人の死に方はどう変化している?(イメージ)

コロナ禍で変わる理想のご臨終「苦しくない死に方」を実…

【NEWSポストセブンプレミアム記事】「死」は誰にでも平等に訪れる。しかし、「死に方」はさまざまだ。もだえ苦しみながら死を迎える人もい…

2021.05.10 07:00  週刊ポスト

(写真/アフロ)

日本のコロナ死者はもっと多い? 死後に陽性発覚する変…

 医師によって病気や老衰などの「自然死」と判断されず、犯罪によるものとの疑いがある死や事故死を「変死」という。変死は通常の医師では…

2021.01.15 07:00  女性セブン

昭和の大スター・森繁久彌さんが遺言書を残さなかった真意

昭和の大スター・森繁久彌さんが遺言書を残さなかった真意

 自分の死後、愛する家族がトラブルに巻き込まれないためには、最後の責任として「遺言書」を残すことがいちばんだと言われる。しかし、死…

2020.06.30 16:00  マネーポストWEB

コロナで介護の潮流は「在宅介護」へ 費用は施設の半額以下に

コロナで介護の潮流は「在宅介護」へ 費用は施設の半額…

 家族の仲がいいからといって、必ずしも成功するわけではない「在宅介護」。介護保険制度を活用して、お金も手間もかけずに行うことが失敗…

2020.06.24 16:00  マネーポストWEB

(写真/GettyImages、時事通信社)

苦しくてたまらない…ほとんどの病気が「最後は肺炎で死ぬ…

「まさに“陸で溺れる”という感じで、いくら息を吸っても肺に空気が入ってきた感じがせず、苦しくてたまらない状態がずっと続くんです」(50…

2020.06.13 07:00  女性セブン

投手としてだけでなく、打者としても活躍した関根潤三さん(写真:時事通信フォト)

近鉄パールス消滅の危機を救った関根潤三さんの打者転向

 戦後の混乱期にプロ野球選手となり、近鉄で投手、打者として活躍した関根潤三さんが4月9日、老衰のため逝去した。93歳だった。 大谷翔平…

2020.04.13 16:00  NEWSポストセブン

追悼・関根潤三さん 「享年93」、実は「94歳」だった

追悼・関根潤三さん 「享年93」、実は「94歳」だった

 野球評論家の関根潤三氏が4月9日、老衰で“93年”の生涯を閉じた。選手としても、指導者としても、ユニークな経歴をたどった野球人だった。…

2020.04.12 16:00  週刊ポスト

大洋のエースとして大車輪の働きをした遠藤一彦(左は加藤俊夫。時事通信フォト)

大洋・関根潤三監督が“心中”した「1984年の遠藤一彦」

 ソフトな語り口で人気のあった野球解説者の関根潤三さんが4月9日、老衰のため逝去した。93歳だった。近鉄の創成期に投手、打者としてプレ…

2020.04.12 07:00  NEWSポストセブン

投手としてだけでなく、打者としても活躍した関根潤三さん(写真:時事通信フォト)

関根潤三さん 沢村栄治との出会いから始まった野球人生

 現役時代は近鉄、巨人などでプレーし、引退後は広島と巨人でコーチ、大洋とヤクルトで監督を務めた関根潤三さんが4月9日、老衰のため亡く…

2020.04.11 16:00  NEWSポストセブン

賃貸住宅の訳あり物件・事故物件については、どこまで知らされる?

賃貸住宅の訳あり物件・事故物件については、どこまで知…

日管協(日本賃貸住宅管理協会)総合研究所では、年に2回、賃貸住宅景況感調査を実施している。今回の調査では、「心理的瑕疵物件におけ…

2019.12.25 07:00  SUUMOジャーナル

【追悼2019】金田正一さんや内田裕也さんら歴史を刻んだ人々

【追悼2019】金田正一さんや内田裕也さんら歴史を刻んだ…

 令和という新たな時代の始まりとなった2019年。今年も多くの人が永遠の眠りについた。政治家、スポーツ選手、ミュージシャンなど、多くの…

2019.12.14 07:00  週刊ポスト

アルダブラゾウガメのジョナサンは、食生活の改善で世界最高齢といわれる187才に!(イラスト/斉藤ヨーコ)

カメは本当に「万年」生きるのか? 長寿のカギは食生活

 生き物の知られざる生態を紹介した『おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』(高橋書店)が小学生の間で大人気となっている…

2019.11.24 16:00  女性セブン

「そこで研がないで」という行動(イラスト/上田惣子)

「猫あるある」を憎らしくも愛らしく描いた作者の思い

 ベストセラー『自営業の老後』の作者でイラストレーターの上田惣子さん(55才)が、4匹の飼い猫に振り回される日々をコミカルに綴った『う…

2019.10.18 07:00  女性セブン

SNSでNEWSポストセブンをフォローまたはプッシュ通知を受け取る

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
  • プッシュ通知

トピックス