• TOP
  • ライフ
  • 大地震発生、家の中で「トイレ」と「玄関」安全なのは?

ライフ

2020.04.13 16:00  女性セブン

大地震発生、家の中で「トイレ」と「玄関」安全なのは?

家の中で地震にあったさいに安全なのは?(イラスト/大窪史乃)

 2019年に日本で観測された震度1以上の地震は1564回。そのうち、最大震度5弱以上は9回(※気象庁発表データより)。いかに私たちが地震の多い国に暮らしているかがわかるだろう。

 では、自宅で揺れを感じたとき、どこに避難するべきなのだろうか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんは言う。

「以前は地震が起きたらすぐに外に出るべきだ、というのが常識でした。しかし、外へ移動する間に、揺れで転んだり、落下物に当たるなどしてけがをする可能性が高いことが判明。ようやく外に出られても、電柱が倒れてきたり、屋根瓦が飛んでくるなど、危険性は高く、外のどこにいたら安全か、とっさに判断がしにくい。リスクを冒してまで外に出るのではなく、まずは家の中の安全な場所に避難しましょう」

 しかし家の中も、テレビや洋服たんす、冷蔵庫が倒れたり、照明が落ちてきたり、窓ガラスが割れたりと危険がいっぱいだ。どこがいちばん安全なのだろうか。

◆ドア付近や透過に物は置かないこと

 家の中でいちばん安全だと思われる場所の候補として【A】トイレと、【B】玄関が考えられる。

 【A】も【B】も倒れてくる家具もなく安全のようだが、【B】「玄関」が正解だという。

「昔の木造住宅では、トイレの四方に太い柱を設置していたので、トイレは地震に強いと思われていました。ところが最近の建築では、トイレの四方に柱がない家も多い。さらにドアがゆがんで閉じ込められる可能性も高いんです」(和田さん・以下同)

 もし、トイレにいるときに地震に襲われたら、すぐドアを開けて逃げ道を確保しよう。

関連記事

トピックス