• TOP
  • 国際情報
  • 中国で人工衛星に「武漢号」命名 市民のガス抜き狙いか

国際情報

2020.04.15 07:00  NEWSポストセブン

中国で人工衛星に「武漢号」命名 市民のガス抜き狙いか

歴史ある銭湯が危機に

人工衛星のネーミングが話題に

 中国で宇宙開発を担当する国有企業の中国航天科工集団有限公司が、「武漢号」と名付けた人工衛星を4月中に打ち上げることが分かった。この衛星の本体には「医療従事者に敬意を表する群像」が描かれている。この理由は、新型コロナウイルス感染の震源地となった武漢市で、1月から医療活動を行った数万人の医師や看護師ら医療従事者に敬意を示すためだという。

 しかし、ネット上では、「武漢は8日に都市封鎖が解除されたが、まだまだ市民は感染の不安にさいなまれており、人口衛星に武漢の名前を付けるという美談に仕立て上げて、市民が暴動を起こさないためのガス抜きではないか」との声も出ている。中国新聞網などが報じた。

「武漢号」と名付けられる人工衛星は、低軌道で地球をカバーする「宇宙IoT」通信伝送サービスを担当し、コンテナ、海洋、船舶、電力、災害、環境、林業、建機などの業界で活用されるという。

 このような通信サービスと武漢市とは直接の関係はないが、習近平国家主席の側近の中国共産党幹部が大手国有企業である同公司に「武漢号」と名付けるよう圧力をかけたとみられる。

 この背景には、武漢市で1月下旬から2か月半も都市封鎖が実施され、市民は不満が爆発寸前であるからでは、という見方も出ている。実際、中国政府は武漢や湖北省の住民による暴動を警戒するよう地方政府に呼びかける文書を通達している。

関連記事

トピックス