芸能

番組再放送に苦慮するTV局 醜聞芸能人の扱いや内容への配慮も

彼女もカットの対象か(時事通信フォト)

 ドラマやロケ番組が軒並み収録中止や放送延期になるなか、テレビ各局はいかに放送枠を埋めるかに頭を悩ませている。

「収録済みのストックがなくなる4月中旬以降が問題です。過去の番組を再放送する方向になっているのですが、出演者たちに改めて許諾をもらわなければならないうえに、色々と面倒な問題があって……」(キー局関係者)

 ネックになるのが、“スキャンダル芸能人”の扱いだ。

「あるバラエティ番組を再編集しようとしたら、不倫騒動があった鈴木杏樹さん(50)が出ており、カットせずに流すか議論になりました。

 ドラマも同じで、薬物疑惑で逮捕された沢尻エリカ(34)やピエール瀧(53)などの出演作は放送できない」(同前)

 出演者ではなく、その内容から再放送がためらわれているドラマもある。

「2018年に高視聴率を獲得した『アンナチュラル』を手掛けた人気脚本家が参加するドラマ『MIU404』(TBS系)も放送延期になったために、過去の作品を再放送して盛り上げたいところ。

 が、『アンナチュラル』の第1話はMERSコロナウイルスが取り上げられ、海外渡航歴のある男性と接触した女性も死亡し、やがて国内で感染が広がると街中にマスク姿の人が溢れてパニックになっていく様子はまさに今の新型コロナ禍の状況とそっくりです。主演の石原さとみが色っぽく“濃厚接触”と語るシーンが何度も出てきて印象的ですが、さすがに今流していいのかという議論になっています」(別のキー局関係者)

事情は色々(時事通信フォト)

※週刊ポスト2020年4月24日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン