ライフ

コロナ禍で話題のカミュ『ペスト』を誤読しないための知識

20世紀の代表的作家が再ブームに(写真/dpa=時事)

 新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるべく、人との接触機会を8割減らす施策や呼びかけが続いている。そのさなか、フランツ・カフカの『変身』などとともに不条理文学として知られるアルベール・カミュの『ペスト』が注目を集めている。評論家の呉智英氏が、とかく誤読されがちな『ペスト』が本当に表現していることを読み解く。

 * * *
 新型コロナ禍が深刻化する中で、不幸中の幸いと言うのも変だが、予期せざる好現象が報道されている。二十世紀の古典、A・カミュの『ペスト』(一九四七年)がよく読まれているという。文庫本ベストセラー第一位にも挙がっている。外出自粛令が発出される中、ただ無為に引きこもるより普段読めない古典をひもとくのは災いを福に転じる契機になるだろう。

『ペスト』好調をいち早く本格的に論じたのは「文學界」五月号の翻訳家鴻巣友季子の評論である。ここで鴻巣は『ペスト』を的確に次のように評価している。

「人類にランダムに襲いかかる致死性のなにか、その不条理さ」を「表現したもの」だ、と。

 カミュの作風は「不条理の文学」と呼ばれる。しかし、普段はまず使わない「不条理」という言葉で象徴されることによって、特に日本ではカミュは歪んだ読まれ方をするようになった。カミュの代表作として挙げられるのは、『ペスト』より五年前の『異邦人』であり、主人公ムルソーの異常な言動、すなわち「不条理」な人物による「不条理」な殺人を描いた衝撃作である。これを異常な犯罪による既成秩序の破壊と読む傾向がしばしば見受けられた。

 前にも本欄で取り上げた「犯罪者同盟」の平岡正明が、ある読書雑誌のアンケートで『異邦人』を愛読書に挙げているのを読んで、ああ平岡もこれを誤読したのだなと思った。もっと驚き不快になったのは、二〇〇一年の大阪教育大附属池田小学校における児童無差別殺傷事件の犯人宅間守の暴言である。

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン