• TOP
  • 国内
  • 同僚や知人から「陽性だった」と言われたらどう反応すべきか

国内

2020.04.25 16:00  NEWSポストセブン

同僚や知人から「陽性だった」と言われたらどう反応すべきか

リモートワークは進む(時事通信フォト)

 危機はいつ自分の身に降りかかるかわからない。まさにそういう状況になっている。大人力について研究するコラムニスト・石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
「自覚症状がない人も6%が陽性だった」

 4月23日、ショッキングというかやっぱりというか、新型コロナウイルスがいかに「身近な存在」になっているかをあらためて実感させられるニュースが報じられました。慶応大学病院が、コロナウイルス以外の治療目的で来院した無症状の患者67人にPCR検査を行なったところ、約6%にあたる4人が陽性だったとのこと。

 この結果を受けて病院側は、「院外や市中で感染したものと考えられ、地域での感染の状況を反映している可能性がある」などと話しました。たまたま多めだったのかもしれませんけど、仮に半分の3%だとしても約30人にひとり。100人ぐらいが買い物をしている大きめのスーパーに行けば、同時に買い物をしている人のうち3~4人はウイルスを持っている計算になります。そして、それは自分かもしれません。

 もちろん、誰もがお互いに十分な感染対策を取るのは言わずもがな。ただ、それでも運悪く感染してしまうことはあります。同僚や最近会った知り合いから、LINEやメールや電話で「じつは陽性だった」という連絡をもらった場合、どう反応すればいいのか。インパクトのある連絡だけに、うっかり「最低の反応」をしてしまう可能性もあります。何もないうちに、しっかり心の準備をしておきたいところ。

 ここからの話は、不幸中の幸いで、相手が多少のやり取りや会話ができるぐらいの軽い症状という前提です。重い症状だったら本人も周囲も連絡する余裕なんてないだろうし、どう反応するかなんて気にしている場合ではありません。めぐりめぐって情報が入ってきたとしても、あれこれ詮索したり自分の「いい人」っぷりを示すためだけにわざわざ連絡を取ったりせず、静かに回復を祈りましょう。

 そんなわけで、本人から「陽性だった」という連絡があったとします。いくら驚いたからといって、まさか「うつったらどうしてくれるんだ!」なんて言う人はいないで……いや、昨今の世の中の雰囲気を見ているといないとは言い切れないですね。それだけは絶対に言ってはいけません。家族から連絡があった場合も同様です。

「ちゃんとマスク(手洗い)してたの?」と尋ねるのは、辛い状況にある人をさらに追いつめるだけ。やさしいフリをした「心あたりはあるの?」も、つい言ってしまいそうですが、かなり残酷で無神経で傲慢な質問です。ここ2週間ぐらいのあいだにどこに行ったとか誰と会ったかとか、保健所でもないのに行動を細かく尋ねるのも控えましょう。

関連記事

トピックス