ビジネス

コロナ禍で鉄道の減便・運休が続発 京成電鉄の苦肉の策は

2010年に登場した新型スカイライナー

2010年に登場した新型スカイライナー

 つい3ヶ月ほど前までは、成田空港行きの特急指定席乗車券を買うには列に並ばないとならなかった。ところが今では、空港へのアクセスは鉄道もリムジンバスも、がらんと空席ばかりだ。鉄道各社はこの苦境を、どのような工夫で乗り切ろうとしているのか。特に影響が大きい成田空港への路線を例に、どのような策で乗り切ろうとしているのかについてライターの小川裕夫氏が考察した。

 * * *
 新型コロナウイルスの猛威が止まらない。

 3月半ばから呼びかけられた外出自粛はGWにもおよんでいる。最盛期ともいえるGWの外出自粛は、当然ながら鉄道各社の業績を直撃した。

 特に減収が顕著に表れているのは、空港へのアクセスを担う鉄道路線だ。訪日外国人観光客が年間4000万人に達すると試算されていた矢先、政府は新型コロナウイルスの拡大を防止するためにまず、訪日外国人観光客では圧倒的なシェアを占める中国・韓国からの入国を制限した。

 その後も世界各国でコロナウイルス禍が報告され、政府は入国規制の範囲を拡大。国籍を問わず、海外からの入国は厳しい制限が課せられている。規制強化により、実質的に空港は機能を停止した。

 空港が機能を停止すれば、それに伴って利用者も激減する。当然ながら、空港にアクセスする電車の需要も消滅する。これまで空港アクセスを担っていた鉄道各社は、減便・運休を余儀なくさせられている。

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン