ライフ

西日本のお取り寄せ かき、うに、からすみ、角煮など10選

 外出自粛が推奨され、宴席を楽しむこともなくなったいま、残された自宅での晩酌をどう盛り上げるかを考えるのが常だ。そこで晩酌のお供となる全国の「お取り寄せおつまみ」から、西日本の10府県の品を厳選。以下で紹介する。

【京都】但馬牛・牛肉ちりめん 3780円(140g)

京都 「但馬牛・牛肉ちりめん」

 ブランド牛「但馬玄(たじまぐろ)」とちりめんを秘伝の出汁で炊き合わせ、和歌山県産ぶどう山椒を加えた一品。但馬牛の深い旨味と山椒の刺激に、杯も進む。

・三味洪庵:京都府京都市東山区三条通北裏白川筋西入石泉院町393

【鳥取】とうふちくわお試しセット(12本入り) 3456円(豆腐竹輪蒸し、豆腐竹輪焼き、ねぎとうふ、生姜とうふ、カレーとうふ、鳥取和牛とうふちくわ各2本)

鳥取「とうふちくわお試しセット」

 豆腐と魚のすり身で作る「とうふちくわ」は、鳥取県民のソウルフード。賞味期限4日間の繊細な味と柔らかな食感を、酒とともに満喫したい。

・ちむら:鳥取県鳥取市河原町布袋556

【兵庫】明石だこのやわらか旨炊き 1280円(150g)

兵庫「明石だこのやわらか旨炊き」

 明石海峡で育った真ダコを、醤油ベースのほどよい甘辛味で真空加熱調理。プリッとした食感と、噛むほどに出てくる甘味がたまらない。

・伍魚福:兵庫県神戸市長田区野田町8-5-14

【島根】天女の羽衣(あなご一夜干し) 1620円(中・1尾無頭・200~250g)

島根「天女の羽衣(あなご一夜干し)」

 一日漁で水揚げされた、新鮮で丸々と太った真アナゴを一夜干しに。ふっくら肉厚な身の旨味と皮の香ばしさが、晩酌を贅沢に盛り上げる。

・岡富商店:島根県大田市久手町波根西1988-3

【広島】カキ大将 2160円(10本)

広島「カキ大将」

 プランクトンが豊富な広島湾で育った大粒の牡蠣を、長年継ぎ足し続ける秘伝ダレに漬け込んだ。日本酒、白ワインが欲しくなる。

・ふくびし:広島県広島市西区中広町3-3-9

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン