• TOP
  • ライフ
  • でんぱ組相沢梨紗 佐藤愛子&小島慶子の本にボロボロと泣いた

ライフ

2020.05.18 16:00  女性セブン

でんぱ組相沢梨紗 佐藤愛子&小島慶子の本にボロボロと泣いた

でんぱ組.inc相沢梨紗は、佐藤愛子さんと小島慶子さんの往復書簡エッセイをどう読んだか

 御年96歳の作家・佐藤愛子さんと、およそ50歳年下のタレント・エッセイストの小島慶子さんが熱い本音の手紙を交わした単行本『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』が話題を呼んでいる。『九十歳。何がめでたい』の発売から4年、変わらぬ怒り節を炸裂させる佐藤さんと、論客として知られる小島さんが夫婦関係や生き方などについて交わす激烈なやりとりには、「面白い!」「勇気をもらった」など、共感の声が多数寄せられている。

 世代も考え方も違う2人の“真剣勝負”はこんな感じで展開される。
 *
佐藤愛子(96歳)×小島慶子(47歳)
「夫婦喧嘩」をめぐる手紙のやりとり(本書より摘要)

小島慶子
 夫はなぜ、私の孤独と不安にこうも無頓着なのでしょう。それともこんなことで激昂する私は、よほど了見の狭い女なのでしょうか。

VS

佐藤愛子
 慶子さんは我慢のし過ぎです。愛し過ぎです。愛が深いから、求める愛も深くなるのです。バケツの水をぶっかけてごらん。

 *
 夫婦喧嘩の内容は本書に譲るが、そんな往復書簡エッセイ『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』をアイドルグループでんぱ組.Incの相沢梨紗さんはどう読んだのか。相沢さんによる書評をお届けする。

【プロフィール】
相沢梨紗/大阪出身。アイドルグループでんぱ組.incリーダーでラジオ番組を持つなどソロでも活躍。特技はお菓子作り。

 * * *
 いま、生きているうちに、この本に出会う事が出来て本当に良かったと心から思っています。

 自分に「はなまる」をつけられない。頑張ったはずなのに、頑張った気がちっともしない。そんな人に読んでほしい。自分なりの「はなまる」のかたちを知る事が出来るかも。私は「はなまる」の輪郭を知ることができたような気がしています。

 誰かのお手紙のやり取りを、こんなにのめり込み感情的に読んだのは人生で初めてのことでした。いま、自分がなぜ苦しいのか? 孤独なのか。本当に孤独なのか?

 少しずつ、お二人の言葉で確認するような時間。自分が知りたかった教えや、感じてみたかった共感に溢れていて、救われたような経験をしました。

 実際、今回「本を読んだ感想を」というお話をいただいた時は本当に嬉しくて「頑張ります!!!」と意気込んだものの、「私のような者の感想など…、要らないのでは?」という、虚ろ目な自分が脳内に登場してはどんよりと囁きかける。

 このお手紙を見せて下さったお二人に、想いと感謝を伝えたいのに「自分は必要なのか?」と考えては「ぐぬぬ~」と唸っていました。

 11通目のお手紙で、小島さんが「嫌われたくない」「失望されたくない」「佐藤さんに失礼では」と考えては不安になる。と、佐藤さんに思い切って告白をすると、「そんなことどうでもエエやん」と(実際は実に丁寧に対応して下さるのに)仰る佐藤さんとのやり取りに、自分まで不安を聞いてもらい、笑ってもらえたような気がして、すごく勇気をいただきました。ここの章はなんだか涙が止まらなくて、ボロボロと恥ずかしいくらい泣いてしまいました。

関連記事

トピックス