国内

「闇営業」する居酒屋 「我慢できないのは客の方」の声も

行きつけの店で遅くまで楽しめる日はまだ先

行きつけの店で遅くまで楽しめる日はまだ先

「闇営業」という言葉を聞くと、法で禁じられた何かを、法外な価格で販売する商いを思い浮かべるだろう。ところが最近「闇営業」を自称する人たちのなかには、法律で禁じられてもいなければ適正価格で商売している人たちもいる。ライターの森鷹久氏が、「闇営業」する居酒屋と、そこに集う客についてレポートする。

 * * *

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、各自治体が飲食店などに休業や営業時間の短縮を要請する中、様々な事情から「闇営業」をせざるを得ない人々について取材を続けてきた。当初は、本当にごく一部の店舗がひっそりと営業していたのが、緊急事態宣言延長が決定したゴールデンウィーク明けに“客の要望に応え”店を再開する、という事例が出始めている。

「休業協力金が50万円でることもあり、店は4月の中旬から閉めていました。ただ、5月に入った頃から常連のお客さんから問い合わせが相次ぐようになり、ゴールデンウィーク後半から、夕方から19時まで店を開けるようになると、お客さんが殺到するようになりました」

 声を潜め筆者に答えたのは、東京都内で焼き鳥店を経営する・田原ユウトさん(仮名・40代)。田原さんの場合、店を閉めて休業協力金がもらえれば、黒字は出ないが赤字も出なくて済むという事情から、緊急事態宣言が続く状況での店の再開は考えていなかったという。しかし……。

「お客さんから、飲みに行く場所がない、我慢の限界と……こちらとしては嬉しいお声なんですけどもたくさん頂くようになって。クレームがくることも予想されるので、おおっぴらにはしていませんが、現在は22時まで営業を続けています」(田原さん)

 店の常連客が続ける。

「あと一ヶ月、全く飲みに行けないとなると、我慢できないのは客の方でしょ。店は営業したいけどできない、客は飲みに行きたいけど行けない、それなら互いがこっそり結託してやればいいだけ。もちろん店に来る前は体温を測るし、消毒もするし3密にならないよう、お互いに気をつけている。来なきゃ店がなくなる可能性がある。このお店がなくなると困るからね、客も協力してやってるんだよ」(常連客)

関連記事

トピックス

亡くなった三浦春馬さんと「みたままつり」の提灯
【三浦春馬さんの名を靖国に】提灯2万円に値上がりなのに100個も集まった「ファンの熱い思い」 『みたままつり』に献灯ズラリ
NEWSポストセブン
松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン