都内はいまも休業や時短営業が続く(時事通信フォト)

都内はいまも休業や時短営業が続く(時事通信フォト)

 同じく東京都内で居酒屋4店舗を経営する橋本健一郎さん(仮名・50代)は、入ってくるはずの休業協力金100万円では大赤字、頭を抱えていたところに、常連客からの後押しがあり、店の再開を決めた。ただしこちらもいわゆる「闇営業」だという。

「店の再開は告知しておらず、常連のお客さんが口コミでやってきてくれる、という状況です。店も限界、お客さんも限界だったんです。再開してからは、通常時の6割程度の入りですが、協力金がもらえるのなら、なんとか潰れないで済む程度の赤字で済む計算です」(橋本さん)

 やはりこちらでも、店の再開を促したのは、店側でなく我慢の限界を超えた客だった。同店を訪れていた常連客が、コップ酒を片手に力説する。

「国も都も、店だって俺たちサラリーマンでさえまともに助ける気がないわけでしょう。だったら自助努力で乗り切るしかない。テレビなんかでやってる“自粛警察”に睨まれたら店も俺たちもたまんないから、こっそり店に入ってきて、騒がない。SNSにあげるなんてもってのほか。それで誰かに“チクリ”を入れられ休業金が出なくなったら、俺たちで寄付でもして店を続けてもらう。まるで“隠れキリシタン”だと笑っているけどね(笑)」(常連客)

 緊縮財政が続くわが国では「官がやらないのなら民でやる」などというキーワードが取りざたされることも増えてはいたが、後手後手の政府支援策に、そして自身の欲求に逆らえない人々が、自ら街に戻りだしている。感染者数は一見横ばいにも見えるが、第二波、第三波の襲来も予想される中で、もはや民を“お願い”だけで制限することにも、限界がきているのではないかと思わせる。

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン