芸能

柴咲コウYouTubeチャンネルの意識高さと対極的な仲里依紗

柴咲コウのYouTubeの評価は?(時事通信フォト)

 緊急事態宣言中、テレビ番組の撮影は軒並み延期、その代わりに、YouTubeチャンネルを開設する芸能人が続出した。チャンネル数は激増、内容も玉石混淆の芸能人チャンネルを、コラムニストの今井舞さんが斬る──。

 * * *
 ミステリアスな雰囲気をまき散らす意識高い系女優・柴咲コウ(38才)のチャンネルは『’LesTrois Graces’Channel(訳:3つの惠)』。

 鉄板のフランス語による命名に膝を打たせてもらいました。“アース・コンシャス、ライフスタイル、エンターテインメント”って目指しているベクトルが意味不明。本人が滔々と「生きるという本質的な部分におけるコンセプトは…」って語ってたり。もはや友近(46才)や柳原可奈子(34才)がコントで演じるキャラにしか。

 このチャンネル名は自身がプロデュースしたアパレルブランドの名前で、もちろん常にそこの服を着て登場。シンプルナチュラル系な服が好みなのかと思いきや、パフスリーブ多めの甘口寄り。服を見せるためにエプロンなしで、みそをこねたり、キムチを仕込んだり。

 大事な商売道具の服が汚れやしないか心配でしたが、すべての動作がテンション低めでおとなしいので、いつも汁ひとつ飛ばずに全工程終了。

 後ろに映りこむ美しく鎮座したガラス瓶には数年ものの手作り梅干しが仕込んであったり、時々お邪魔しに来るカワイイ猫ちゃんたちは保護猫だったり。もちろんそれについて本人が深く語るシーンもあり。1ミリの隙もなく演出されつくした柴咲ワールドが、窒息するまで延々と。

 しかし、みそ・梅干し・キムチって、意識高い系ナチュラリストの人が手作りしたがる三種の神器みたいなモンなんですかね。これらをコネコネしているときの柴咲の恍惚とした表情といったら。

「オルグ」という言葉を久々に思い出しました。その天井知らずの意識はどこまでイッちゃうのか。皆で見守る、という意味で、チャンネル登録してあげた方がいいのかもしれません。

芸能人YouTuberの辛口採点表

 そんな柴咲の対極ともいえるのは、仲里依紗(30才)。とにかくやらされている感皆無で、見ている人も自分自身も楽しめる、エンジョイ動画を次々アップ。その自由な発想、実行力、リラックス感は、どこか所ジョージ(65才)に通じるものが。

 ただシンプルに寝起きから朝のルーティンを映し続けたり、独特なセンスの私服を組み合わせてファッションショーを行ったり、突然ヤマンバギャルメイクに挑戦したり。実にのびのび楽しそう。しかもこのメイク技術がプロ顔負け。

 また動画の撮影、編集も、全部独学で学び、自分ひとりで行っていたりと、すべてにおいてバイタリティーがすごい。

 映えなど一切気にせず、ハラワタまで見せかねない、竹を割ったような潔さ。撮影・編集の技術も日々向上していて、新しいYouTuber誕生の萌芽を見守っている気分になります。

※女性セブン2020年6月18日号

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン