• TOP
  • 国内
  • ルポ山口組抗争 岡山でも大幹部がヒットマンとなった背景

国内

2020.06.09 16:00  NEWSポストセブン

ルポ山口組抗争 岡山でも大幹部がヒットマンとなった背景

物々しい空気がただよう銃撃事件現場

 コロナ禍で自粛を余儀なくされていたのは、一般市民のみならず暴力団も同じだった。そして自粛明けすぐ、山口組の分裂抗争が再び着火した。5月末に起きた銃撃事件──フリーライターの鈴木智彦氏が現場レポートする。

* * *
 5月30日、岡山市の歓楽街である北区田町で銃声が響いた。午後2時37分頃、神戸山口組池田組事務所の真横にある駐車場で、ナンバー2である前谷祐一郎若頭が銃撃されたのだ。ヒットマンは対立する六代目山口組側の二次団体幹部だった。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が全面解除となってからわずか5日で、山口組の分裂抗争は再開された。

 六代目山口組は自粛要請の解除を待ち、ただちに襲撃計画をスタートさせた可能性が高い。それも相手が最もダメージを負う「メモリアルデー」を狙ったのだ。

 事件当日は、池田組にとって特別な日だった。4年前の2016年5月31日、池田組の高木昇若頭が、六代目山口組弘道会傘下の組員によって殺害された。事件当日、岡山の墓所では、その高木若頭の法要が営まれていた。池田孝志組長をはじめ参列者が帰宅した後、前谷若頭が池田組事務所に立ち寄ったという。駐車場に車を停め、組員と立ち話しているその瞬間を見逃さず、懐に拳銃を呑んだヒットマンが襲来した。
 
 池田組事務所のある田町は夜の街だ。周囲には飲食店をはじめ、クラブや性風俗店、紹介所などが密集しているが、土曜昼間の犯行だったため、周囲にはまだ人通りが少なかった。また池田組事務所は周囲を駐車場が囲んでいるため、飲食店まで距離があって目撃者がほとんどいない。実際、片っ端から店に飛び込み、念入りに聞き込みをしても、銃声を耳にした住民さえ見つからなかった。

「もちろん(事件があったのは)知ってます。でも厨房には換気扇があり、その下で調理をしていたので何も聞こえなかった」(近くの飲食店で働く30代女性)

 警察は4年前の殺害事件から行なっていた池田組事務所前の貼り付け警戒を解除していた。

「最近は(抗争を)忘れていました。警察もいなくなったし、まさかこんな事件がまた起きるとは思っていなかった」(近隣の店に勤務する20代女性)

関連記事

トピックス